メンズ脱毛TOP » Judgment Time  意識高男 ありのまま男  » 見えない所のお洒落ポイント 男の○○毛事情

男の○○毛事情

女性も気になるチン毛事情。
イメージアップにつながる処理とは?

実は見られていた!彼女も気になる
チン毛処理のやり方とは?

脚のスネ毛や胸毛に比べて、脱毛意識が低いチン毛(陰毛)。しかし、実は、 女性が気になるムダ毛部分でもあるのです。

女性からしてみると 陰毛がモジャモジャしているとセックスの時にチクチクしたり、またはオーラルセックスの時に陰毛が絡んだりと不快を感じているわけです。そのため、最近では、男性でも陰毛を処理する人が増えている傾向にあります。

言いにくいけど気になる「男性の陰毛処理」事情

男性にとって、普段見られることのない陰毛。体のムダ毛の中でも、処理について意識している人は少ないのではないでしょうか?

以前は、ギャランドゥがありモジャモジャした状態が、男性として色気があると言われた時代もありました。

しかし、最近では事情が変わって来ているようです。実は、女性も男性に対して陰毛を処理して欲しいと考えているのです。

では、どのような陰毛の状態が嫌われているのでしょうか? 女性が一番嫌がられているのが、ギャランドゥから 肛門へと VIOラインが全て繋がっている状態です。また、陰毛が濃く長い状態も不快感を与えているようです。

そのため、昨今の流れから 最近では、男性でも抵抗なく陰毛の脱毛処理を行っている人が増えているのです。へその下のギャランドゥや、両足とのつながり(股の間)の陰毛をなくすことで、女性目線も随分印象が変わってくるようですよ。

どこを処理する?清潔感を与える陰毛の処理

前述したように、多くの女性が男性の陰毛は薄く短い状態の方が良いと思っているようです。

しかし、普段から陰毛の処理を意識していない男性にとっては、「それなら、どういう形の処理の仕方が好まれているのか」と悩んでしまいますよね。また、陰毛を全部なくしてツルツルの状態にするのも抵抗があります。

では、どのような陰毛の処理の仕方が人気なのでしょうか?

それは、陰毛を逆台形型や長方形に処理する方法です。このような形は、清潔感がありますし、見た目の整えている感が女性にとって好印象を与えているようです。さらに、少数派ではありますが、女性の中にもハイジニーナ型(ツルツルの状態)を望む人がいるようですね。

それから、陰毛が生えている場所は、陰茎の上部だけではなく、毛深い人は陰嚢(袋の部分)から股の間、肛門へとびっしり毛が生えています。そのため、処理したい部位によってムダ毛の処理の仕方も変わってくるわけです。

では、各部位について見て行きましょう。

ビキニライン

ビキニラインは、Vラインとも言われており、 へそ下のギャランドゥから陰茎の上部まで 一番 毛が多く生えている部位です。

陰茎周り

陰茎周りとは、サオの部分とその根元に生えている毛のことを言います。

陰嚢部分

陰嚢とは、袋の部分のことを指します。その袋部分に生えているムダ毛を処理すること。

アイライン

アイラインとは、陰嚢と肛門との間の部分を指します。

また、陰嚢の横と太ももの付け根部分に生えている毛も含まれます。

肛門周り

肛門の周りに生えている毛のことを指します 。個人差はあるようですが、肛門の内側まで若干生えている人もいるようです。

陰毛処理は何を使うのが一番効果的か?

それでは、陰毛の処理を行うのは、何が一番効果的なのでしょうか? 家庭でも、すぐに出来る処理で思い浮かべるのが、ハサミでカットしたりシェーバーで剃ったり、さらには除毛クリームなどを塗る方法ではないでしょうか?

そこで、陰毛を処理するにあたり、それぞれの処理についてメリット・デメリットを見ていくことにしましょう。

ハサミでカット

陰毛の処理は、ハサミでカットするのが一番手っ取り早いと思うのではないでしょうか?

しかし、ハサミでカットすると陰毛の毛先が尖ってしまい、チクチクしてしまいます。また、手触りも良くありませんし、パンツから突き出して見た目もよくありません。

カットを行う場合は、専用のヒートカッターで行うことをオススメします。毛先が丸くなりますのでチクチクすることもありません。ただ、デメリットとして一度に多くのムダ毛の処理が出来ず時間がかかってしまいます。

剃る

ハサミでカットするのに比べて、 劇的に変化がわかるのが剃ることです。 剃ると言うと 日頃使っているT字カミソリを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。T字カミソリは、ビキニラインを処理する時にオススメです。陰毛が長いとカミソリに絡んでしまいますので、最初にハサミでカットして、それから剃ると良いでしょう。

しかし、このT字カミソリの場合、お肌を傷つける可能性が高いので、注意が必要です。

その他にも、剃る方法としてアンダーヘア専用シェーバーがあります。 シェーバーの場合、カミソリに目詰まりを起こすことなく滑らかに剃ることが可能になります。 この電動シェーバーは 、T字カミソリでは やりにくい陰茎周りや陰嚢部分の処理に向いています。

除毛クリーム

除毛クリームは、ムダ毛部分にアルカリ性のクリームを塗ることによって処理を行う方法です。剃ることに抵抗がある人や、剃ることによってチクチク感が嫌な人に向いています。

この除毛クリームのメリットとしては、カットしたり剃ったりすることが難しい股の間や肛門周りに適していることです。 ただ、デメリットとして お肌に合わず赤くなる場合もあるので、注意が必要です。これらの部位に使用する場合は、皮膚が敏感なため利用をするときはパッチテストを行ってから 皮膚の状態を確認するようにしましょう。

抜く

陰部のムダ毛を抜くことはオススメできません。それは、埋没毛や毛嚢炎が出やすい部分で炎症を起こしやすいからです。

これまで、 陰毛の処理についてみてきましたがいかがでしたか?あなたも、自分で処理するのは難しいと思われたのではないでしょうか? 自分でイメージした型や長さにするのは、なかなか難しいものです。

お店で脱毛

そこで、オススメするのが お店での脱毛です!

自己処理をする時よりも手間をかけずに行えますし、理想とする型に一番近づけるからです。是非あなたも脱毛にチャレンジして、 彼女を「アッ」と言わせてみませんか?

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

TOP