脱毛したい部位別サーチ

 下腹部
脱毛したい!

欧米では当たり前?日本でも増加する男性の脱毛

下腹部(陰毛)の脱毛をする男性が増えています。欧米では陰毛を脱毛することがエチケットとされており、有名なスポーツ選手やアーティスト、映画俳優などが処理をしているという話をよく耳にします。また衛生的にもメリットが多く、日本人男性もケアしているという方が増加中。つるつるに綺麗にするだけでなく、希望の形に整えることも可能です。いかにも脱毛をしていますという形になるのが嫌な場合は、毛量や形を自然に整えることができるので、ぜひ脱毛サロンやクリニックで相談してみてください。

下腹部の毛の生え方/特徴

下腹部の毛は、体毛の中でも硬くて太い毛です。しかも縮れているためその存在感は抜群。切ったら良いのか、剃ったら良いのか、抜いたら良いのか、迷っているという方も多いと思います。しかしこの毛は自己処理が難しい部分。硬くて太い毛は下手に自己処理をしてしまうと、余計濃くて頑丈な毛が生えてきてしまったりします。また綺麗な形に整えるのは至難の業。自己流の処理をしてしまい、しばらく温泉にも行けないし、彼女にも会えないなんてことにならないために、サロンやクリニックでの脱毛をおすすめします。

下腹部の主な脱毛施術方法は?

男性が下腹部の毛を脱毛する場合、レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛の3種類の方法があります。

レーザー脱毛

クリニックで行われる脱毛方法です。出力が高く、効果を実感するまでの回数が少なくて済むのが特徴。しかしサロンでの施術に比べると費用は高いので注意が必要です。

光脱毛

サロンで行われる脱毛方法です。痛みが少なく、費用は3つの方法の中で最も少なくて済みます。下腹部は痛みが強い部分なので、気になる方にはサロンでの脱毛がおすすめです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛を1本ずつ処理するため痛みが強いのが特徴です。特に太くて濃い毛は耐えられないほど痛いという方もいるほど。しかし1度施術すればその毛穴からは毛が生えてこないという永久脱毛の効果があります。

下腹部の脱毛を受けるときの格好

専用の紙ショーツなどに着替える

下腹部の脱毛は、用意されている紙のショーツなどを身に付けるか、下半身裸の状態で行います。パンツやズボンは脱ぐことになるので、脱ぎ着しやすいものを着て行きましょう。特に服装にこだわる必要はありませんが、施術後にまた身に付けることを考えて、肌に密着するようなきつめのパンツは控えましょう。ベッドに仰向けに寝転んだ状態で施術を行います。ちなみにアンダーヘア全体の脱毛は、ベッドに寝た状態で脚を少し開いて行います。肛門周りの脱毛は、うつ伏せの状態で行います。

下腹部脱毛の痛み指数・術後の経過

痛み指数は?

例えば

  • レーザー脱毛の場合
  • 光脱毛の場合
  • ニードル脱毛の場合
  • 軽くチクチク感を感じる
  • あまり痛みが気にならない
  • 若干痛みが気になります

※痛みの感じ方は、個人によって異なります。

下腹部の毛は比較的太い毛が生えているのが特徴です。黒々とした太い毛のため、レーザー脱毛にしても、光脱毛にしても痛みが伴うでしょう。しかし、レーザー脱毛の痛みに比べると、光脱毛の方が痛みが少ないと言われています。デリケートな部分にいくほど皮膚が薄くなり痛みを伴うため、初めて脱毛を行うという方は驚いてしまうかもしれません。しかしどのサロンやクリニックでも痛みを緩和させるための工夫があるため、心配な方はぜひ問い合わせてみてください。

効果を実感できる施術回数は?

サロンの光脱毛の場合、効果を実感し始めるまでの施術回数は5~6回、つるつるにするまでには16回~18回ほどかかります。クリニックでのレーザー脱毛の場合は、効果を実感し始めるまでが2~3回、つるつるにするなら6~8回となっています。もちろん毛量や毛の太さによって個人差はあります。しかしレーザー脱毛なら回数は少なく済みますが、その分費用も高め。効果を早く実感したい場合は、ニードル脱毛を選ぶのがおすすめですが、費用や痛みの面も考慮して選ぶようにしましょう。

施術期間の目安

サロンの光脱毛の場合、効果を実感し始めるまでの施術期間は10ヶ月~1年、脱毛が完了するまでには2年半~3年かかります。クリニックでのレーザー脱毛の場合、効果を実感し始めるまでの施術期間は2ヶ月~4ヶ月、脱毛が完了するまでには1年~1年半かかります。個人差はありますが、毛が太く毛量も多い下腹部の脱毛でも、クリニックで行うレーザー脱毛なら、サロン脱毛の約半分くらいの短期間で脱毛を終えることができます。

カウンセリングの際のチェックポイント

メンズ脱毛を行う際、どこの部位であろうが何日か通うことになりますので、カウンセリングというものがどうしても大事になってきます。ここでは、カウンセリングの際にチェックするポイントというものをいくつかご紹介したいと思います。

Point.1 通いやすさ

メンズ脱毛を行う際、何度もサロンに通うことになりますので、初めのカウンセリングというのが非常に大事になってきます。何度も通うことになりますので、サロンの数が多い都会に住んでいる人の方が通いやすいはずです。とはいえ、都会以外に住んでいる人も脱毛を考えている人は多いはずです。通うことが困難な人にとっても、通いやすい脱毛サロンや美容クリニックを探すのには、このカウンセリングでしか見つからないというのも事実です。ですので、カウンセリングでは施術内容ばかりに捉われず、最後まできちんと通えるサロンかどうかを確かめるということが大事になってきます。

Point.2 スタッフの対応と設備

確かにどこの脱毛サロンも美容クリニックにもホームページというものが用意されていますが、実際にはどのようなところなのかは行ってみないとわからないものです。無駄なプランを勧めてくる、ホームページで見たよりも内装が汚かったなど、実際に訪れてみてカウンセリングを受けてみないことには通いやすいところなのかわからないものなのです。インターネットの口コミなどで調べることも可能ですが、人それぞれの主観が入っていますので全てに信憑性があるとは言い難いです。

まず、脱毛で一番よくないことが通うのを途中でやめるということです。何日も通うというのはモチベーションの維持にもつながります。ですので、まずは設備がしっかりしている、対応が丁寧でわかりやすいということを、初めのカウンセリングでチェックしておきたいポイントでもあるのです。

Point.3 脱毛機やプランの説明

どんなレーザーを用いるかは非常に大事な部分ですので、脱毛機器の詳しい説明だけはしっかりと聞くようにしましょう。それにプラスして医師やスタッフの対応も重要になってきます。脱毛について聞いてもきちんとした回答が返ってこない、脱毛の良い部分だけを伝えて悪い部分については何も伝えないというのは良いサロンではありません。

脱毛というのはそれなりにお金がかかるものです。どのようなプランがその人に一番合っているのかという説明だけは、最初のカウンセリングの段階でしっかりと確認をするようにしましょう。

下腹部の範囲を把握しておく

下腹部を脱毛したいと考えている男性は非常に多いかと思うのですが、下腹部の範囲を実際に把握している男性というのは少ないのではないかと思われます。

ちなみに、脱毛サロンによっては脱毛をする範囲というのは違ってきます。

一般的な脱毛サロンでは、下腹部と言えばおへその下から生えてくるギャランドゥの部分を指します。ですので、範囲で言えばおへそより下側の箇所となってきます。

男性の場合、薄い濃い関係なくほとんどの人に生えている部分となり、多くはおへその下の毛と陰毛がつながっている人が多いでしょう。下腹部の脱毛に関しては範囲というものが大きく変わってきますので、初めての人や脱毛サロンを変更される人はしっかりと確認するようにしましょう。

下腹部を自己処理する危険性

男性にとって下腹部の気になるムダ毛というのは、おへその下から生えてくるムダ毛ではないでしょうか。ちなみに、この部分のムダ毛のことを「ギャランドゥ」などと呼ばれています。この部分のムダ毛の量は男性ホルモンによって変わってくるのですが、やはりどんな男性でも気になる部分であるのは間違いないかと思われます。

すね毛や腕毛、胸毛といったムダ毛が薄くても、ギャランドゥだけは濃く生えている男性も決して少なくはありません。冬場はあまり見せることのない箇所ではありますが、夏場になれば意外と見られることの多い部分でもあります。

裸にならなくても、女性が届かない高い場所にある物を取ろうと手を伸ばした瞬間や、服の隙間からちらっと見える下腹部のムダ毛というのは、意外と女性にも見られている部分なのです。下腹部のムダ毛は普段あまり見かける箇所ではないだけあって、目撃をした女性はとても印象強く心に残ってしまうものでもあります。そういったコンプレックスの解消から、下腹部を自己処理してしまう人が中には存在してくるのです。

夏場は注意

特に夏場は注意が必要かと思われます。

この下腹部という部分は非常にデリケートな箇所であるため、自己処理をしたことにより「毛嚢炎」を引き起こす可能性が高くなってきます。下腹部のムダ毛というのは、夏の海やプールへ行く際には処理をしておきたいと誰もが思うことでしょう。ですが、このように毛嚢炎を引き起こす可能性が高いため、できるだけ自己処理をするのだけは控えてほしい部分です。

女性の印象は?

下腹部のムダ毛で悩まされている男性も決して少なくはありません。

そこで、女性が思う男性の下腹部のムダ毛の印象はどういったものなのでしょうか?気にしている男性が多いという時点で愚問であるのは間違いないでしょうが、多くの女性はこの下腹部のムダ毛を嫌う傾向にあります。

下腹部のムダ毛を嫌う理由

大きな理由として、下腹部のムダ毛は不潔に見える、肌を接触する際に気持ち悪い、といった理由が挙げられるでしょう。

正直なところ、男性もこのことに関してはしっかりと理解しています。ということから、海やプールへ行く際には自己処理をしてから行くという男性が非常に多いのです。

上記でも述べていますが、下腹部は非常にデリケートな部分であるため、自己処理をするのは毛嚢炎を引き起こす原因ともなります。ですので、できるだけ脱毛サロンで下腹部の脱毛を行った方がいいかと思うのです。

そもそも、女性の中でもギャランドゥが男らしくてカッコいいと思う人がいるかもしれません。少数派になるかもしれませんが、奥さんや彼女がギャランドゥは気にしないというパートナーであるのなら、無理して脱毛をせずに残しておくというのも一つの手でもあります。それでも気になるというのであれば、確実に脱毛サロンで脱毛をするようにしましょう。

下腹部の脱毛は衛生面でも適している

お腹周りから下にかけて生えている部分を下腹部の毛となるのですが、お腹周りよりもこの下腹部に毛が生えている男性は非常に多いです。

この下腹部の毛の特徴としては、生えている範囲が広く、毛に関しても太くて長いということが挙げられます。そのため、身体のムダ毛の中でも特に気にしている男性が多いように感じます。そして、Vラインなど陰部の毛にまでつながって生えている男性が多いのも特徴の一つです。

下腹部の毛というのはどうしても不潔に見られがちで、その不潔に見られるということを一番の懸念材料として持っている男性が多いのではないでしょうか。お腹周りの毛というのは個人差が出やすい部位であり、毛の濃さや生えてくる範囲などは人によっては様々なのは明確です。

そこで、下腹部を脱毛すると清潔感が得られてきれいな肌が手に入るということはまず間違いありません。後、ムダ毛によってムレから解消もされ、通気性も同時に良くなってきます。そうなることで汗をかいてもベタベタすることもなくなり、不快なムレや雑菌の繁殖を抑える役割も果たしてくれるのです。あせもなどの痒みからも守ってくれますし、嫌な臭いも発しにくくなります。

ということから、下腹部の脱毛は見た目といった部分だけでなく、衛生面からも適している脱毛だと言えるのです。

恥ずかしいというコンプレックスからの解消

下腹部のムダ毛は一般的に「ギャランドゥ」などと呼ばれ、実際にこのような呼ばれ方でからかわれた人も中にはいるでしょう。

友達と温泉に行ったときや、彼女にふいに見られたときなど、恥ずかしい思いをした人も中にはいるはずです。意外にも病院が一番恥ずかしかったという声なんかもよく耳にします。

もちろん、医師や看護師は診察中に患者のムダ毛なんか気にもならないでしょうが、自分が恥ずかしいと思ってしまうのはどうしようもないことなのです。

とはいえ、具合が悪くなり、病院へ行く前にわざわざお腹のムダ毛を処理していく時間なんてないはずです。こういった恥ずかしいというコンプレックスの解消には、脱毛サロンでの脱毛しか方法はないかと思われます。お腹や下腹部のムダ毛がなくなったことにより、恥ずかしいというコンプレックスが解消されたと同時に、露出度の高い服も簡単に着られるようになることでしょう。

あわせてやりたいココも脱毛

一緒に行うなら、男性器まわりと肛門まわりの脱毛がおすすめです。「男でこんなところ脱毛している人なんているの?」と不安に思ってしまう方もいるかもしれませんが、実はヒゲ脱毛に次いで人気のある脱毛部位なのです。陰部まわりの脱毛をすると、パンツの中の蒸れを防ぐことができるため、とても快適で清潔です。1度この脱毛を行うと、もうモジャモジャ状態には戻れないという人も多数。最初は施術が少し恥ずかしいし、不安を感じるかもしれませんが、心配する必要はありません。男性脱毛専門のサロンやクリニックでは、受付から施術者まで男性のみというところもありますので、ぜひ1度カウンセリングに行ってみましょう。

こんなページも見られています

TOP