脱毛したい部位別サーチ


脱毛したい!

薄着の季節、堂々と腕を出すために!

電車で吊革につかまる時、車の運転をしている時、実は女性は男性の手をチェックしています。手をつなぐ時、腕枕をする時、その腕毛が本当は嫌がられてしまっているかも。脱毛サロンやクリニックで腕毛を整えれば、薄着の季節にも堂々と腕を出すことができます。気になる女性と過ごす時間も、もっと気を遣わずに楽しい一時になりそうです。腕の脱毛にかかる期間や通う回数、痛みについてなど詳しくまとめました。腕の脱毛をお考えの方はぜひ参考にしてみて下さいね。

腕毛の生え方/特徴

腕の毛は、季節問わず露出する機会の多い部位。夏になれば半袖を着るため、常に露出している状態になります。昔は男らしさの象徴として受け入れられていた腕毛ですが、最近はあまり良く思わない女性が増えてきているようです。産毛程度の毛なら気になりませんが、太く黒々としている毛はとても目立ちます。毛自体はそんなに濃くなくても、毛が長く伸びている方や色白の方は、処理することをおすすめします。飲食店に勤めている方など、職業柄腕の毛の脱毛をしているという方も多くいらっしゃいます。

腕毛脱毛の主な施術方法は?

腕の脱毛方法は、レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛の3つです。腕は毛が生えている範囲が広いため、ニードル脱毛だと時間も費用もかかってしまうため、あまりおすすめできません。サロンでの光脱毛の場合、1回の処理にかかる時間は30分~1時間程度。光脱毛は広範囲の施術に向いており、レーザー脱毛よりも費用は少なくて済みます。レーザー脱毛の場合、1回の処理にかかる時間は光脱毛と同じく30分~1時間程度。出力が高いため多少痛みはありますが、効果を実感するスピードは光脱毛よりも早いでしょう。

腕毛の脱毛を受けるときの格好

腕全体が見える恰好(Tシャツなど)

サロンやクリニックによっても違いはありますが、ひじから下の場合は、Tシャツになれれば大丈夫です。ジェルなどを使用するため、Tシャツが汚れないように少し捲り上げて施術を行います。上半身裸になって毛布などをかけて施術を行う場合もあるので、通っているサロンやクリニックに確認しておくようにしましょう。ひじ上まで腕全体の施術の場合は、上半身裸でベッドに横になって行います。 施術のあとは、皮膚が敏感になっているため、あまり締め付けのきつい服は着て行かないようにした方が無難です。また夏の日差しが強い時期の場合、施術した箇所を日差しによるダメージから守るために薄い長袖を準備しておくのがおすすめです。

腕毛脱毛の痛み指数・術後の経過

痛み指数は?

例えば

  • レーザー脱毛の場合
  • 光脱毛の場合
  • ニードル脱毛の場合
  • チクチク感が強めの痛み
  • ゴムではじくような痛み
  • 軽く声をもらす位

※痛みの感じ方は、個人によって異なります。

腕の毛はヒゲや陰毛などに比べると、細い毛が生えているという方がほとんどだと思います。そのためすでにヒゲ脱毛などを行っている方からすると、耐えられる程度の痛みでしょう。しかし太さはそんなに太くなくても、毛量が多い場合は、痛みを強く感じることがあります。クリニックでのレーザー脱毛の場合は、麻酔クリームを使ったり、笑気麻酔などを使ったりして痛みを和らげてくれるため、痛みに弱いという方はクリニックでの脱毛をおすすめします。脱毛した方の中には、最初は痛みがあり麻酔を使っていたけど、2~3回目頃からだんだん痛みがなくなったという方もいるようです。痛みに関しては個人差があるため、痛いと感じたら施術しているサロンやクリニックのスタッフに相談しましょう。

効果を実感できる施術回数は?

腕の毛の脱毛は、脱毛サロンで施術を受けた場合とクリニックで施術を受けた場合で回数が異なります。個人差はありますが、脱毛サロンの場合の回数は12~18回。クリニックの場合は、6~8回で完了する方が多いようです。しかしこれは女性の腕脱毛も含めた平均なので、男性の場合は+2~3回と思っておくと良いでしょう。全ての毛をなくしてつるつるにしたいというわけではなく、産毛程度にしたいという方は、もっと少ない回数で脱毛完了となります。

施術期間の目安

個人差はありますが、脱毛サロンでの施術の場合は2年~3年、クリニックでの施術の場合は1年~2年と言われています。部位によって毛周期も異なりますが、上記で紹介した回数を、2ヶ月に1回のペースで通った場合の期間になります。どれくらいの頻度で通うことができるかは、サロンやクリニックごとに違います。施術と施術の間の期間が長いほど、通う期間も長くなってしまうので、事前に確認しておきましょう。早く終わらせたいという場合は、クリニックでの脱毛がおすすめです。

あわせてやりたいココも脱毛

腕は範囲が広いため、ほとんどのサロンやクリニックのプランは、ひじ下・ひじ上と分かれています。どちらか片方だけだと、施術をしていないところからくっきり分かれてしまうため、不自然な状態に。可能であればひじ下・ひじ上一緒に受けられると良いでしょう。また、腕の毛が薄くなることで、手の甲や指の毛が目立ってしまう可能性があります。手の毛も比較的濃くて気になっているという方は、腕から手の甲・指まであわせて脱毛するのがおすすめです。

こんなページも見られています

TOP