脱毛したい部位別サーチ

尻毛
脱毛したい!

女性も気にしている“尻毛”、勇気を出して脱毛しよう!

お尻の毛も含め、体毛はもともと外部から受ける刺激から肌を守るという役割がありました。しかし人類は衣服を着るようになり、体毛はどんどん必要のないものとなっています。お尻の毛は、女性から見た男性の気になる体毛の中でも、上位に位置しているそう。普段は見られない部位ですが、いざという時幻滅されないためにもぜひ脱毛にチャレンジしましょう。このページでは、お尻の毛を脱毛する際に知っておきたい、施術方法や痛み・効果について解説しています。

尻毛の生え方/特徴

お尻の毛は普段は見えないところですが、意外と気にしている男性はたくさんいます。日常の会話にも出やすいヒゲの悩みの話とは違い、お尻の毛の悩みを男性同士で話すことはなかなかありませんよね。でも実はお尻の毛を脱毛している方はたくさんいらっしゃいます。自分ではなかなか目につかない部位ですが、温泉やスポーツジムなどで意外と他人から見られているかもしれません。またお尻の毛があることでパンツの中が蒸れてしまうため、脱毛を行うことで清潔感が出ます。

尻毛脱毛の主な施術方法は?

クリニックでの脱毛で、出力が高いため、効果が出やすいのが特徴です。しかし照射範囲が小さいため、お尻全体の施術をする場合は時間がかかってしまうかもしれません。

レーザー脱毛

クリニックでの脱毛で、出力が高いため、効果が出やすいのが特徴です。しかし照射範囲が小さいため、お尻全体の施術をする場合は時間がかかってしまうかもしれません。

光脱毛

サロンでの脱毛方法。照射範囲が広いため、お尻全体の施術に向いています。出力が弱いため、レーザー脱毛に比べると効果が弱い場合もありますが、痛みが少ないというメリットもあります。

ニードル脱毛

痛みが強いのが特徴です。お尻は皮膚が薄いので、かなり痛みを感じてしまうでしょう。永久脱毛というメリットがありますが、その分費用も高めです。

尻毛脱毛を受けるときの格好

専用の紙ショーツなどに着替える

お尻の毛の脱毛は、下半身裸の状態か専用ショーツを履いた状態で行います。どちらかはそのサロンやクリニックによって違うため、気になる方は事前に問い合わせるようにしましょう。全て脱いでしまうため、服装に気を使う必要はありませんが、脱毛が終わった後は肌がデリケートな状態なので、締め付けがきついパンツや、擦れてしまうような生地のパンツは履いていかない方が無難です。施術はうつ伏せになった状態で行います。多くのサロンやクリニックでは、なるべく恥ずかしくないようにタオルをかけて隠しながら施術を行ってくれます。

尻毛脱毛の痛み指数・術後の経過

痛み指数は?

例えば

  • レーザー脱毛の場合
  • 光脱毛の場合
  • ニードル脱毛の場合
  • 軽くチクチク感を感じる
  • あまり痛みが気にならない
  • 若干痛みが気になります

※痛みの感じ方は、個人によって異なります。

お尻の毛を脱毛したいという方は、産毛のような細い毛というよりは、濃くて太い毛が生えているという方がほとんどでしょう。デリケートゾーンよりはいくらかマシですが、お尻の皮膚は薄いため痛みに敏感です。上記で紹介したように、サロン脱毛は痛みが少ないのが特徴ですが、クリニックでの施術の場合、麻酔も用意されているので相談してみましょう。施術後ダメージを受けたお尻は、多少赤くなったりヒリヒリしたりする可能性があります。締め付けの強い下着を避け、ゴシゴシ擦ったり掻いたりしないように気をつけましょう。

効果を実感できる施術回数は?

ど毛量や1本1本の毛の太さによって、サロンやクリニックに通う回数は異なります。脱毛サロンで脱毛した場合、つるつるに綺麗になるまでは12~18回以上通う必要があります。クリニックでのレーザー脱毛の場合は、5回~8回。脱毛サロンよりもレーザー脱毛の方が出力が弱いため、どうしても通う回数が多くなってしまいます。またこれは女性も含めた場合の平均回数です。女性の場合、お尻の毛は産毛程度なので、男性のお尻脱毛の場合、もう少し通う回数が増えると考えて下さい。

施術期間の目安

こちらも個人差がかなりありますが、脱毛サロンの場合は2ヶ月に1度のペースで通い、完全につるつるにするまで約2~3年かかります。クリニックの場合は、3ヶ月に1回のペースで通い、完全につるつるにするまで約1年半~2年。毛の太さや量にもよりますが、そんなに剛毛でなければ数ヶ月で効果を実感することができるでしょう。来年の夏までに、などの目標がある方はそれにあわせて通うサロンやクリニックを選ぶと良いでしょう。短い期間で綺麗にしたいという方はクリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

あわせてやりたいココも脱毛

お尻と一緒に脱毛を行うなら、Oラインの脱毛がおすすめです。Oラインとは、肛門のまわりの毛のこと。お尻の腹を脱毛する際に一緒に行うとスムーズです。Oラインの脱毛は、最近男性から人気のある部位。排便の際の汚れがなくなり、驚くほど清潔感を感じることができます。Oラインは直接見ることができないので、自己処理がとても難しい場所です。デリケートな部分なので、カミソリや脱毛クリームなどで処理をすると、傷をつけてしまったり、強い刺激を与えてしまい肌荒れの原因になってしまったりすることも。恥ずかしいとためらってしまう人も多いかもしれませんが、ぜひ勇気を出して脱毛を始めましょう。

こんなページも見られています

TOP