脱毛したい部位別サーチ

腹部
脱毛したい!

Tシャツからのチラ見え…女性を幻滅させてしまうことも?

モジャモジャと生えたお腹の毛。気になっている方も多いのではないでしょうか?普段はあまり見える部分ではありませんが、海やプールに行くときはもちろん、Tシャツの裾からちらっと見えてしまうことも。女性はこのチラ見えにドキっとする方も多いのですが、そこにモジャモジャの毛が生えていると話は別。ドキっとするどころか、幻滅させてしまう可能性もあります。お腹の毛を自己処理すると、余計に濃い毛が生えてしまったり、黒くプツプツとした後になってしまったりすることもあるので、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめです。

腹毛の生え方/特徴

お腹のムダ毛は、自分でも見える位置にあるため、カミソリや毛抜きで自己処理することは比較的簡単な部位です。しかしここで問題なのが、処理後のこと。お腹の毛は意外と太いという特徴があります。そのためカミソリで処理をしてしまうと、生えてきたときに黒いポツポツが目立ってしまいます。また他の部位に比べると皮膚が薄いため、肌表面の毛を処理しても、皮膚の中に残っている毛が透けて見えてしまいます。毛嚢炎や埋もれ毛などのトラブルも起こりやすいというデメリットもあります。1度処理を始めるとそのままにはしておけないため、処理を続けることで肌が荒れてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

腹毛脱毛の主な施術方法は?

男性が腹の毛を脱毛する場合、レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛の3種類の方法があります。

レーザー脱毛

効果を感じられるスピードが早いのが特徴です。しかしその分多少痛みを感じやすいというデメリットも。痛みを感じやすい皮膚の薄い部分なので、気になる方は麻酔を行ってもらうことも出来ます。

光脱毛

サロンでの脱毛方法です。痛みを感じにくく、比較的かかる費用も少なめ。しかし脱毛にかかる回数は多くその分期間も長くなってしまいます。毛量は少なく、毛の太さもそんなに太くないという方におすすめの脱毛法です。

ニードル脱毛

痛みが強いというデメリットはありますが、永久脱毛なのでずっと通い続ける必要はありません。1回あたりの費用は高いですが、お腹の脱毛は範囲が狭いので結果的にはお得という場合も。

腹毛脱毛を受けるときの格好

服を捲り上げるだけでもOK

お腹の脱毛の場合は、ほとんどのサロンやクリニックの場合、上半身の服を捲り上げて、お腹だけ露出する形で行います。そのため服装には特に決まりはありませんが、捲り上げやすいTシャツなどを着て行くと良いでしょう。万が一のことですが、冷却ジェルなどで汚れてしまう可能性もあるため、心配な方はお気に入りの服は着て行かず、汚れても良い服にしましょう。出来るだけ脱ぎ着しやすい服だとスムーズです。施術後の肌は敏感なので、ゆとりのある服を。ズボンのウエスト部分が擦れてしまうこともあるので、こちらもゆとりのあるものを選ぶと良いでしょう。施術はベッドに仰向けになった状態で行います。

腹毛脱毛の痛み指数・術後の経過

痛み指数は?

例えば

  • レーザー脱毛の場合
  • 光脱毛の場合
  • ニードル脱毛の場合
  • 軽くチクチク感を感じる
  • あまり痛みが気にならない
  • 若干痛みが気になります

※痛みの感じ方は、個人によって異なります。

お腹は普段、外部からの刺激にさらされることの少ない部位です。例えば足や腕は露出することも多いため刺激を受けることも多く、痛みにも強いという特徴があります。その証拠に足や腕は普通にしているだけでも傷などが出来てしまうことがありますが、気が付かないうちにお腹に傷やケガがあるということは少ないのではないでしょうか。さらにお腹の皮膚はとても薄いため、痛みを感じやすくなっています。自己処理を続けてきた方は、ダメージを受けさらに敏感になっています。痛みが心配な方は、出力の弱いサロンでの脱毛を選ぶか、クリニックでのレーザー脱毛で麻酔をして施術してもらうことも可能です。施術後はお風呂でゴシゴシ擦るなどの刺激を与えずに、しっかり保湿を行うようにして下さい。

効果を実感できる施術回数は?

お腹の脱毛が何回で完了するかは、かなり個人差があるため目安の回数を紹介します。サロンでの光脱毛の場合、効果を実感するまでが2~6回、自己処理の回数が少なくなるまでが6~12回、自己処理の必要がなくなるまでが12~18回かかります。クリニックでのレーザー脱毛の場合、効果を実感するまでが2~3回、自己処理の回数が少なくなるまでが3~4回、自己処理の必要がなくなるまでが5~7回かかります。1度で効果を実感出来る人はあまりいません。全体的に産毛のような毛の場合は、2回以降で効果を実感しはじめますが、頑丈な毛が生えている方は、根気強く通う必要がありそうです。

施術期間の目安

こちらも回数と同じく個人差によるところが大きいのですが、光脱毛とレーザー脱毛のそれぞれにかかる期間の目安を紹介します。光脱毛の場合、効果を実感するまでに4ヶ月~1年、自己処理の回数が少なくなるまでに1~2年、自己処理の必要がなくなるまでに2~3年かかります。クリニックでのレーザー脱毛の場合、効果を実感するまでに4ヶ月~半年、自己処理の回数が少なくなるまでに半年~8ヶ月、自己処理の必要がなくなるまでに10ヶ月~1年2ヶ月かかります。やはり出力が高い分、レーザー脱毛の方が短い期間で効果を実感出来ることがわかります。

カウンセリングの際のチェックポイント

メンズ脱毛を行う際、どこの部位であろうが何日か通うことになりますので、カウンセリングというものがどうしても大事になってきます。ここでは、カウンセリングの際にチェックするポイントというものをいくつかご紹介したいと思います。

Point.1 通いやすさ

メンズ脱毛を行う際、どこの部位であろうが何日か通うことになりますので、カウンセリングというものがどうしても大事になってきます。

やはり数カ月は通うということになりますので、脱毛サロンや美容クリニックの数が多くある都会に住んでいる人の方が通いやすいはずです。とはいえ、都会以外に住んでいる人も脱毛については考えている人も多いでしょう。通うことが難しい人にとっても、通いやすい脱毛サロンや美容クリニックを探すのには、このカウンセリングでしかわかりません。ですので、カウンセリングでは施術内容ばかりに集中せず、最後まできちんと通えるサロンかどうかを確かめるということが大事になってきます。

Point.2 スタッフの対応と設備

どこのサロンでも必ずホームページがありますが、実際にはどんなところなのかは行ってみないことにはわかりません。無駄な脱毛を勧めてくる、ホームページで見たよりも内装が汚かったなど、実際に訪れてみてカウンセリングを受けてみないことには通いやすいところなのかわからないものなのです。インターネットの口コミなどで調べることも可能ですが、人それぞれの主観が入っていますので全てが正しい内容なのかもわかりません。

まず、脱毛で一番良くないのが途中から行かなくなることです。何日も通うというのは決して簡単ではありません。ですので、まずは設備がしっかりしている、対応が丁寧でわかりやすいということを最初のカウンセリングでチェックしておかなければなりません。

Point.3 脱毛機やプランの説明

どういった施術内容で脱毛を行うということは非常に大事な部分ですので、使用する脱毛機器についてはしっかりと確認をするようにしたいところです。それにプラスして医師やスタッフの対応も重要になってきます。脱毛について聞いてもきちんとした回答が返ってこない、脱毛のメリットの部分だけを語りデメリットについてはあまり語らないというのも考え物です。

脱毛というのはそれなりにお金がかかるものです。どのようなプランがその人に一番合っているのかという説明だけは、最初のカウンセリングの段階でしっかりと確認をするようにしましょう。

女性から見た腹部のムダ毛

ムダ毛に限らず、お腹というのは魅せるためのボディとしては一番重要になってくる部分でもあります。引き締まった身体や割れた腹筋という言葉は、誰もが憧れるボディなのです。

ただ、どれだけ引き締まった身体や腹筋が割れていたとしても、そこにムダ毛が生えていれば台無しになってしまうのは仕方のないことです。

大半の日本人女性は、胸毛や腹部のムダ毛を嫌いな傾向にあるからです。

ということから、最近では男性の中でも腹部のムダ毛を脱毛する人が増えています。

夏場の衣装やスポーツウェアなど、ファッションに合わせて腹部の脱毛することは新しい男性の身だしなみともいえるのです。

胸毛や腹部に毛が生えることは珍しくない

まず、男性と言うのは元々濃い毛が生える体質であるため、胸毛や腹部に毛が生えること自体そこまで珍しいものではありません。しかし、最近の女性は男性のムダ毛に対して細かく言う傾向にあり、特に胸毛や腹部のムダ毛に関しては清潔感ある身体を保ってほしいと思う人がとても多いようです。夏場になると浴衣や甚平を着る機会も多く、海やプールではどうしても裸になることになってしまいます。その際はどうしても腹部のムダ毛を誰もが気にしてしまいます。

ということから、異性の目を気にするのが面倒で脱毛へと踏み切る男性も決して少なくはないということなのです。

濃い腹部のムダ毛のお手入れ方法

人間の身体というのは、第二次成長期を境に、体内でホルモンバランスが変わり始める時期があります。

性ホルモンが作用することで、女性は女性らしく、男性は男性らしく、といったように外見の変化というものがこの時期に表れてきます。

男性の場合、幼少の頃にはなかった部分に毛が生え始めるというのもこの時期からとなります。胸毛や腹部のムダ毛というのは、特に男性の象徴という形で生え始める人もいます。

しかし、毛の濃さや量の多さというのは個人差が大きく左右してきますので、ムダ毛の目立ちやすさも人それぞれとなります。しかし、全然が全然胸毛や腹部のムダ毛が生えてくるわけではなく、日本人男性では生えている人の方が少数派であるのは間違いないのです。

では、このような胸毛や腹部のムダ毛といったもののお手入れ方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

市販のローションを塗り込む

胸毛や腹部のムダ毛を少しでも薄く見せるために、市販のローションでお手入れする男性が増えているようです。

例えば、女性ホルモンとよく似た働きを見せる「豆乳イソフラボン」や、毛のタンパク質に働きかける「パイナップルエキスを混ぜたローション」などが有名であります。

腹部のムダ毛を剃った後、その箇所に毎日繰り返し塗り込むことで毛を薄くさせたり、毛穴を目立たせにくくする作用が期待できるようです。

ムダ毛を脱色する

腹部のムダ毛を脱色して目立たなくさせるという方法もあります。

腹部のムダ毛を脱色して目立たなくするため、長期間に渡って効果を持続させることができるのです。ただ、脱毛をしているわけではなく、毛の再生により再び黒い毛が生えてくるのでその都度のお手入れは必要となります。

エステやクリニックを利用すべき理由

ここまで腹部のムダ毛のお手入れ方法について説明してきましたが、結局のところ脱毛エステや美容クリニックで脱毛するのが一番手っ取り早いのではないかと思われます。

上記のお手入れ方法に比べると費用はかかってしまいますが、これが一番安全で早い方法になるのは間違いありません。

生えている範囲や毛質によっては通う回数は変わってきますが、結局プロに任せて永久脱毛するのが一番お手軽で一番簡単であるのは間違いないのです。

腹部の自己処理は濃くなる原因

腹部のムダ毛が気になる男性も非常に多いかと思います。腹部といった自分の手も届きやすい場所でもありますから、自己処理を行っている人が多いというのも事実です。実のところ、腹部のムダ毛の自己処理は絶対にやってはいけないことでもあるのです。

その理由として、腹部の自己処理はさらに毛を濃くし、生える範囲も広げてしまう傾向にあるからです。ムダ毛を気にして自己処理をしているのに、さらに濃くなって範囲も広げてしまっては何の意味もありません。

後、肌荒れや埋没毛になりやすいというデメリットもあります。これは腹部だけに限ったことではないですが、腹部は他の部位よりも皮膚が弱く、カミソリなどで剃りにくくもあるのです。そのためダメージも非常に大きく、肌トラブルも引き起こしやすくなります。

産毛でもしっかりと効果が出る

産毛だとなかなか効果があらわれにくいというのも脱毛の大きな特徴です。

しかし、今では脱毛機器の精度も上がってきており、細かい産毛にもしっかりと効果があらわれやすくなってきているのです。産毛までしっかりと脱毛できるという反面、効果が強すぎて肌荒れにつながるのではないかと懸念する人も中にはいます。

確かに、お腹周りの皮膚は非常に柔らかくなっているため、肌が弱い人などは赤く腫れたりすることがあるかもしれません。ただ、一般的な脱毛サロンや美容クリニックでは、一人ひとりの肌の状態や毛質を見て脱毛の出力を調整しますので、ほとんどといってこのような心配事が起こることはないのです。

お腹とへそは別の部位となる

一般的な脱毛サロンでは、お腹とへそは別の部位として扱われます。

通うサロンが決まりましたら、まず腹部はどこまでの部分が含まれているのかを確認するようにしなければなりません。普通は、へその周り数センチをぐるりと一周する部分と、その幅のままパンツのラインまで下がったエリアが「へそ周り」となります。この「へそ周り」と「へそ下」を細かく分けているサロンもあり、気になる部分によっては選ぶエリアも変わってくるのです。

「お腹」というエリアを選べばへそ周り全ての部分が含まれることが多いですので、できることならお腹全てを脱毛してもらった方がお得になるかもしれません。

あわせてやりたいココも脱毛

お腹の脱毛とあわせてやっておきたいのが、胸毛の脱毛。胴体部分の毛は普段は見えないところですが、いつ何があっても堂々と服を脱げるようにしておくのが男性の嗜みです。モジャモジャの体よりも、つるつるで清潔感のある体に惹かれる女性も増えているそう。胴体部分の脱毛をセットで出来るプランが用意されているサロンやクリニックもあります。またお腹の毛を脱毛することによって、アンダーヘアが気になるようになり、一緒に脱毛を行ったという男性も少なくないようです。

こんなページも見られています

TOP