脱毛したい部位別サーチ

 首毛
脱毛したい!

首毛とは?

首毛の脱毛とはどの範囲のことを指すのでしょうか?一般的に、首の後ろの脱毛はうなじ脱毛と呼ばれていますので、首の前側、喉に近い範囲の毛ということになります。しかし、各クリニック、サロンでの呼び方は様々で、「あご下・首脱毛」「首髭脱毛」等と呼ばれています。実際の脱毛範囲も「首のみ」と、「首」「あご下」がセットになっているサロン、クリニックがありますので、脱毛の予約をする前にどの範囲まで施術してもらえるのかは事前にサイト等でよく確認しておいたほうが良さそうですね。

首毛の毛の生え方/特徴

首毛は他のムダ毛よりもあまり注目されていませんが、実は結構目立つ存在です。ムダ毛は色々なところから生えてきますが、顔に近い部位は特に人とコミュニケーションをとる上でほぼ確実に見えてしまう部位です。(常に首を隠すようなファッションをしている人は別ですが、そんな人は稀な存在でしょう。)首毛が生えて困っている方の意見として、汗をかいた時が汚く見える、胸毛などが生えていないので裸になると目立つ等といった意見もあります。そこで、人様にバレる前に処理したいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

その一方で首の毛は非常に処理しづらいという特徴があります。ひげ剃りで普通に剃っただけでは完全に処理することができず、毛が残ってしまうことも多々あります。特に、あごの下辺りや喉仏辺りは剃り残しが多くなってしまいます。原因としては喉仏の辺りはでこぼこしているので剃りにくいというのがあります。そして何より首の中でも体の重要な機能が通っている大切な部分なので、安全面を考慮して処理しなくてはならないのです。実際喉仏などの首周りは皮膚の薄さが顔の3分の2程度しかありません。万が一、毛剃り等の自己処理に大失敗してしまうと一大事になりかねない怖い部位でもあるのです。

剃り残しなく安全に処理しようとするとかなり時間や手間をかけなくてはならないので、首毛に関しては特に、脱毛は安全にムダ毛を無くす手段として良いものと言えそうです。

首毛の主な脱毛施術方法は?

首毛の脱毛方法には、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛があります。以下に施術方法それぞれの特徴についてまとめました。

レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は光脱毛よりもパワーが強く、永久脱毛の効果が認められています。直接肌に触れて首毛を除去する訳ではないので金属アレルギーなどの敏感肌の人には向いている脱毛方法とも考えられます。(必ずしも敏感肌に適しているという訳はありませんので、カウンセリングなどでしっかりチェックするのがおすすめです。)その場で生えている毛が無くなるのではなく、複数回の照射で毛をどんどん弱らせていきます。照射で弱った毛は次第にポロポロ抜けて落ち、気づいた時には産毛のような状態に減退していきます。また、1回の施術料金は5,000~10,000円台と自己処理に比べ非常に高く感じますが、施術頻度は2~3ヵ月に1回くらいと少ない為、首毛処理に費やす時間は減ってくると言われています。また、医療レーザー脱毛は光脱毛よりも9ヶ月ほど早くツルツルにすることができるようです。上述したように医療レーザー脱毛はパワーが強いので、施術1回目から首髭の変化を実感することができます。

さらに、医療レーザー脱毛なら麻酔が使えるというメリットがあります(3,000円程プラス料金が必要)。首毛の生えている喉元付近は痛みを感じやすい箇所でもあるので安心ですね。麻酔をしても痛みを全く感じないわけではありませんが、麻酔なしよりはやはり痛みは軽減できるようです。無料相談でテスト照射を受けられるので、まずは無料相談に足を運んでみましょう。

光脱毛

レーザー脱毛と同じく直接肌に触れて首毛を除去する訳ではないので金属アレルギーなどの敏感肌の人には向いています。しかし、光脱毛は、抑毛程度のパワーしかないので永久脱毛はできません。脱毛後はツルツルですが、毛が生えてくる可能性があります。また、光脱毛はパワーが他の施術方法に比べて弱いので、その分完全に毛がない状態になるまでの期間が長いといったデメリットもあります。しかし、一回当たりの施術料金は最もリーズナブルで、さらに痛みや赤みも少ないので、初めての人には挑戦しやすい脱毛方法だと言えます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電気脱毛や針脱毛とも言われ、毛穴一つ一つに針を差し込み、電気を流して毛根を破壊させて脱毛します。3つの脱毛方法のうち最も高い効果を得られるのがこのニードル脱毛で、産毛や白髪までしっかり脱毛することができます。しかし、その激しい痛みはタトゥー以上という人もいるらしく、かなり覚悟が必要です。確実な永久脱毛を優先する人には一番効果を得られるベストな方法だと言えます。ただ、激痛に耐えきれずに挫折している人も少なくないので、麻酔が使える病院やクリニックでの施術が良いでしょう。しかし、レーザー脱毛や光脱毛と比べると痛みも非常に強く、費用かかるので、肌が弱い人には不向きです。また、毛の周期に関係なく施術できるので、短期間に仕上げたい人にはおすすめです。

首毛の脱毛の痛み指数

医療レーザー脱毛は思いっきりデコピンしたような痛みと言われています。光脱毛は軽く輪ゴムで弾かれたような痛み、また“チクっ”とするような痛みで我慢できる範囲内と言われています。敏感肌や痛みのストレスなく脱毛を進めるなら、光脱毛のほうがおすすめです。そもそも喉仏などの首周りは皮膚の薄さが顔の3分の2程度で、施術の痛みを感じやすい部位なので、自分が痛みに弱いか強いかどうかが施術方法を決める大切なポイントと言えそうです。

首毛の脱毛の痛み指数

医療レーザー脱毛は思いっきりデコピンしたような痛みと言われています。光脱毛は軽く輪ゴムで弾かれたような痛み、また“チクっ”とするような痛みで我慢できる範囲内と言われています。敏感肌や痛みのストレスなく脱毛を進めるなら、光脱毛のほうがおすすめです。そもそも喉仏などの首周りは皮膚の薄さが顔の3分の2程度で、施術の痛みを感じやすい部位なので、自分が痛みに弱いか強いかどうかが施術方法を決める大切なポイントと言えそうです。

施術当日の流れ

脱毛の手順は一般的に以下のような手順で行われます。(※レーザー脱毛、光脱毛の場合)

  • ①肌状態のチェック
    当日の肌の状態をチェックします。問題がなければ脱毛可能と判断されます。
  • ②術前除菌
    余計な菌が入り込んで肌を傷つけないために除菌します。
  • ③施術
    実際に専門の装置を使用し、レーザーや光に当てて脱毛していきます。
  • ④自身で肌状態のチェック 自分で鏡を使ってチェックすることができます。
  • ⑤ジェル拭き取り
    施術がすべて終わると、脱毛に使用したジェルを拭き取ってもらいます。
  • ⑥冷却アフタージェル
    肌を痛めないように保湿ジェルを塗り、しばらく時間をおきます。

これで、一回分の施術が終了です!
首毛は特に着替える必要などもないので、仕事帰りや用事の合間などにもサクッと終わらせることができますよ。

首毛は人からどう見られている?

実際に首毛を周囲はどのように見ているのかについて詳しくまとめてみました。 首周りに生えている毛ってどう思われているのでしょうか?首周りの毛を気にしていない男性も多いようですが、周囲の人は意外と見ており色々な印象を持たれています。例えば、暑苦しい、見苦しい、あまり清潔感を感じない、近寄りたくない・・・など。また、首毛の中には、一本だけ長い毛が出ていることがあります。「宝毛」と言って、実はとてもありがたい毛だと言われているそうですが、そうは言っても一本だけヒョロヒョロっと生えているムダ毛が残っていると目立ちますし、本人も見ている人もさらに気になってしまいますね。首毛は、首が隠れるような服を着ない限り見えてしまうところなので、いつもキレイにしておきたいところです。男性が女性の首毛を注目するように、女性も男性の首毛を見ていることも多いのです。

首毛はなぜ生えてくるの?

首毛が生えてしまう理由としては、生活習慣の乱れやストレスや加齢に伴うことが多く、それらの影響が男性ホルモンを分泌させるというものです。そのため、元々首毛が毛深くなかった女性までも毛が濃くなってしまうということが起きることもあります。なかなか自分の首毛を見ることはなかったかと思いますが、思い切って鏡で見てみると意外に生えていることもあるので、チェックをしておくとよいでしょう。

やっぱり自己処理は危ない!

一度気になりだすと首毛もつい自分で処理してしまいがちですが、喉付近のムダ毛の自己処理は非常に危険です。
喉付近の肌は薄くとてもデリケートなので、カミソリでの処理後に肌がヒリヒリしたり、乾燥したりしまう可能性が高いのです。これは肌の表面の保護膜を削っているからであり、自己処理していくうちにだんだん肌は弱くなり気づいたら肌がボロボロになってしまうことも。
また、血管などが多く通っている大事な部分なので、万が一切った時は大変です。血管が多く通っている首は、ちょっとした刺激に対しても出血してしまう恐れがあるのです。
また毛抜きを使用する場合はどうでしょう。手作業で一本一本丁寧に抜いていく地道な方法なので、大きな失敗や肌トラブルは無いように感じます。しかし、結果的に毛穴を無理やり広げながら抜くことになるため、それだけ肌が傷ついて炎症を起こしやすくなってしまいます。
毛が皮膚に埋もれてしまい、皮膚に黒いブツブツがあるような埋没毛という毛が出来てしまうことも。また毛嚢炎、肌荒れを起こしてしまうこともあります。カミソリや毛抜きで毛穴を傷つけてしまうと、皮膚が癒着し毛の生えてくる出口がなくなってしまう状態になってしまいます
。無理な自己処理をすることで、かえって首周りの肌を傷付け、人から見ると余計に目立つ見た目になってしまうということですね。やはり、出来るだけ自己処理の間隔を空けたいのであれば、剃るよりも脱毛した方が安心ですね。

メンズ脱毛サロン&クリニック比較
TOP