脱毛したい部位別サーチ

 乳首乳輪
脱毛

男に乳首、乳輪の毛は必要ない!

そもそも人間にはなぜ体毛が生えているのでしょう?実は、体毛は大切な役割を数多く担っている存在でもあります。例えば、保温や断熱等の肌の温度調整、皮膚の保護、紫外線を防止するなど。気に入らないところに生えているとムダ毛として嫌がられることが多い体毛ですが、決して理由もなく生えているわけではないということは知っておくと良いでしょう。体毛が生えていることで、外気が直接肌に触れるのを防ぎ、体温を維持し、摩擦などの外的ダメージを減らすことができます。また、毛根周辺の神経には振動など外からの情報を感じる感覚機能があり、感覚器としての役割も果たします。さらに、体毛には紫外線の影響を少しでも減らせるようにする働きもあります。要するに、体毛は人間の体を保護するために生えていると言われています。

さて、それでは具体的に乳首、乳輪まわりの毛についてはどうでしょうか?たしかに女性にとって乳首はとても大切な部位です。赤ちゃんが成長するための母乳を出す大切な役割を担っており、赤ちゃんが安全に且つ容易に吸いつけるように、体毛が乳首を守っている、ということで納得ができます。また乳首は非常に敏感な部分なので、体毛で守っているともい言われているようです。

ここで問題なのは、男性についてはどうなのかという点です。女性のように母乳をあげることがない男性にとって、乳首という部位は重要と言えるでしょうか?実は、はっきり言ってしまうと、男性にとって乳首は無駄な存在なのです。ヒトは一番初めにその命が誕生した段階ではみんな女性です。胎児の成長過程において徐々に男の子に変化していきます。その変化のなごり、もともと女の子だったなごりの1つが乳首だというだけなのです。そのため男性にとって乳首の毛のみならず、乳首そのものがなくてもいい存在と言えます。しかし、そんな取るに足らない存在であるはずにもかかわらず、実際には乳首を守ろうとする体毛が男性にも存在します。男性の中には、胸毛はないのに乳毛だけなぜか生えている、なんていう人もいるはずです。特に重要な役割もないのに、処理が難しい、その上そのまま生やした状態でいると、いざという時に女性に「気持ち悪い」とまで言われてしまう始末。男性にとって乳首、乳輪周りの毛はまさしくムダ毛!なのです。

乳首の毛は女性ウケが悪い!

夏の間は、海やプールなどで様々な人の前で上半身を露出する機会も多いと思いますが、それ以外の季節で、日常的に自分の乳首の毛を目の当たりするのはパートナーや親しい異性の存在です。異性の目だけを重視して身だしなみを整えるわけではありませんが、異性からの意見はかなり貴重な意見といえるでしょう。 ある統計によると、男性の「乳毛」は、「お尻の毛」に続いて「女性が嫌いなムダ毛」第二位!実に92%もの女性が、「男性の乳首の毛が気になる」と答えているのです。ここでは、実際に乳毛に関して、女性からの意見をまとめました。

女性の意見としても「乳首の毛は気持ち悪い」という声も上がっており、やはり乳首の毛は見た目がよくないです。 特に日本人の場合、肌の色と体毛の色の差がありすぎることで、想像以上に乳首の毛を悪目立ちさせてしまっています。また、乳首の毛をほったらかしにしている人がいる一方で、きちんと処理している人もおり、ムダ毛の処理はパートナーに対するマナーだ、という意見もあります。

乳首、乳輪の毛の生え方/特徴

乳輪周りの毛は、意外に太くて長い毛が生えている人が多く、胸毛と同時にセットで脱毛することも多い部位です。乳首は凹凸があるため自己処理をしようとすると、注意が必要な部位でもあります。基本的な自己処理方法であるカミソリ、電気シェーバーで剃ると言う行為は、肌を傷つけることにも繋がります。肌も敏感で肌トラブルになりやすい上、剃ってもすぐに生えてきてしまうのも困りものです。自己処理後の少し生えた状態はチクチクしていて、余計に気になってしまうことも多いでしょう。さらに、乳首、乳輪の毛は、女性からの印象が非常に悪いということも大きな特徴です。胸毛やすね毛等は沢山生やしていたとしても「男らしくて素敵」と魅力的に感じてくれる女性も一定数いますが、男性の乳毛が好きだという女性の話は聞いたことがありません。チョロチョロと生えていても剛毛でも嫌がられることがほとんどです。(常に首を隠すようなファッションをしている人は別ですが、そんな人は稀な存在でしょう。)首毛が生えて困っている方の意見として、汗をかいた時が汚く見える、胸毛などが生えていないので裸になると目立つ等といった意見もあります。そこで、人様にバレる前に処理したいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

脱毛をするとお肌状態が良くなるという効果もありますし、お手入れの頻度を大幅に減らすことができるので、面倒くさい処理の時間から開放されますよ。ぜひ女性から嫌われないような、ツルツル乳首、乳輪を目指しましょう!

乳首、乳輪の主な脱毛施術方法は?

乳首、乳輪の脱毛が他の部位と違う点は、乳首、乳輪の濃いメラニン色素が脱毛に使用されるレーザーや光に反応してしまうため、レーザー脱毛、光脱毛においては一般的に脱毛できる範囲が決められている点です。一般的な毛根の黒色に反応する脱毛器を使っているサロンやクリニックは乳輪脱毛で施術可能な範囲が、色素がついていない乳輪周りのみなのです。しかし、実は独自の色素に反応しない脱毛機をつかって、乳輪の内側・乳首まで脱毛してくれるサロンやクリニックもあります。その中の方法の一つがニードル脱毛です。黒色に反応する脱毛の仕組みではないため、どんなに色素が濃くても気にせず脱毛できるということですね。美容電気脱毛とも呼ばれるこの脱毛方法であれば、乳輪の内側・乳首の近くにまで毛が生えている人もツルツルの状態に仕上げることができます。しかし、やはりそれぞれの方法にはメリット、デメリットがあるのです。以下に一般的なレーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛の特徴についてまとめたので、参考にしてくださいね。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は照射レベルが大きい(強い)ので、比較的少ない回数で高い脱毛効果を得ることができます。また、レーザー脱毛は医療機関でしか行えないので、医師が必ず在中していて、肌トラブルなどに素早く対処してもらえる点も安心ですね。ただし、照射パワーが強い分、それなりの痛みが伴います。痛みに弱い方は、照射レベルを下げてもらう(脱毛効果は下がります。)など、工夫が必要です。一回当たりの施術料金はややお高め。医療機関での脱毛は料金が高くなる傾向があります。

光脱毛

光脱毛は脱毛エステでよく行われている方法で、黒いものに反応する特殊な光を当てることによって毛にダメージを与え、毛を細くしながら減らしていきます。一度に広範囲を照射できるというのも光脱毛の特徴の一つです。レーザー脱毛と比べると赤みや痛みはだいぶ抑えられ、痛みの度合いは、輪ゴムでパチッとはじかれる程度だという話も。その反面、照射レベルが低い(弱い)ため、レーザー脱毛に比べると、脱毛効果が表れるまでの期間が長いというデメリットはあります。一回当たりの施術料金はリーズナブル。お得な価格で、さらに痛みや赤みも少ないので、初めての人には最も挑戦しやすい脱毛方法だと言えます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電気脱毛や針脱毛とも言われ、毛穴一つ一つに針を差し込み、電気を流して毛根を破壊させて脱毛します。3つの脱毛方法のうち最も高い効果を得られるのがこのニードル脱毛で、産毛や白髪までしっかり脱毛することができます。しかし、その激しい痛みはタトゥー以上という人もいるらしく、かなり覚悟が必要です。確実な永久脱毛を優先する人には一番効果を得られるベストな方法だと言えます。ただ、激痛に耐えきれずに挫折している人も少なくないので、麻酔が使える病院やクリニックでの施術が良いでしょう。 また、乳首や乳輪周りの毛ならではのおすすめポイントとして、ニードル脱毛は1本ずつで料金設定されるため、多くても数十本程度の乳毛の場合、かなり料金を抑えることが可能です。

施術当日の流れ

(※光脱毛のケース)

  1. 施術内容の説明とアドバイス
    乳首脱毛の説明とアドバイスをしてもらいます。乳首周辺は濃い毛が生えている場合が多く、集中的に脱毛されます。
  2. お肌のチェック
    乳首周りに濃い毛が生えている場合はキレイに処理する必要があります。剃毛の時に切っていないかもきちんと確認されます。
  3. 皮脂汚れの拭き取り
    肌には皮脂汚れなどが付着しているため。脱毛効果をより高めるために、脱毛前にしっかり拭き取りを行われます。
  4. アイスノンで冷却
    乳首はメラニン色素を含んでいて痛みを感じやすい場所であるため、アイスノンで集中的に冷やします。胸は冷えやすい場所でもあるので、体自体が冷えないようにタオルなどで身体を温められます。
  5. 脱毛開始
    乳首自体にメラニン色素が含まれているため、脱毛時に乳首の先端は避けて施術されます。
  6. アフタージェル
    脱毛後にジェルを塗る事で保湿。ジェルには沈静効果もあるため、脱毛後のヒリヒリ感を軽減させる事も出来ます。肌に水分を与える事で美しい肌を維持する事が出来ます。
  7. 除菌水にて除菌
    脱毛前に使った除菌水で再度除菌されます。脱毛後にも行う事で、肌トラブルを2重で防ぎます。
  8. アフターカウンセリング
    脱毛終了後にはきちんとカウンセリング。

これで、一回分の施術が終了です!

乳首、乳輪の脱毛の痛み指数・術後の経過

乳輪周りの毛は、メラニン色素が濃い為、痛みを感じやすい箇所です。輪ゴムでパチっと弾く痛みに近いです。乳輪にもメラニンが含まれているためチクッとした痛みを感じやすいです。また、剃り残しがあると表面の毛に反応してしまい痛みや熱さを感じる場合があります。 脱毛はやった日に効果の実感はあまりありません。脱毛後、2週間前後で自然と毛がポロポロと抜け落ちます。脱毛の回数を重ねると毛が抜けて生えてくるのが遅くなってきます。

効果を実感できる施術回数は?

乳輪周りの毛は、毛が太く毛穴が深いので最初の効果を実感するには5回程度の回数は必要になります。毛深い人が完全にツルツルにするには10回程度施術が必要です。

メンズ脱毛サロン&クリニック比較
TOP