脱毛したい部位別サーチ

 竿毛
脱毛したい!

欧米では当たり前?日本でも増加する男性の脱毛

最近、日本人男性でも竿の毛を中心とする陰毛を脱毛する人が増えています。欧米では、以前から陰毛を脱毛することがマナーとなっているので、陰毛を処理している人は珍しくありませんが、日本人男性の間で普及されていったのは近年になってから。きっかけは、海外の有名なスポーツ選手やアーティスト、映画俳優などが処理をしているのを日本人が目にして、それをテレビなどのメディアで紹介しているからです。

陰毛を処理する理由は、周囲の人に清潔感を与えるだけではありません。衛生面でもメリットが多く、日本人男性にも注目されています。興味がある人は、近くのサロンやクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

竿毛の生え方/特徴

竿毛をはじめとする陰毛は、体毛の中でも硬くて太く、さらに縮れています。そのため、実際よりも毛量が多く感じられることが多く、その存在感はとても大きいのが特徴です。

はさみで切るにしても、きれいに処理するのが難しいし、剃ってしまうと新しく生えてくる陰毛がチクチクして不快に感じてしまう。抜くと痛みが強いのでやりたくないなど、処理の方法に困ってしまう部分となります。上手に処理をしておかないと、新しく生えてくる陰毛は、さらに太くて濃いものになってしまうからです。その結果、友人たちと温泉や銭湯に行かれなくなってしまったり、彼女にも会いたくなくなってしまうということになってしまうかも知れません。このようなことにならないためにも、サロンやクリニックなどの専門機関できちんと処理をするのがおすすめです。

竿毛の主な脱毛施術方法は?

男性が、竿の毛を処理する方法として、次の4つが考えられます。

レーザー脱毛

クリニックなどの医療機関で行う脱毛方法です。黒いものに反応するレーザーを患部に照射することで、竿の毛の毛根から破壊してしまいます。多少の痛みがあるため、痛みに弱い人のために麻酔を用意しているケースがほとんど。脱毛の範囲は、それほど広くありませんが、エステで行う光脱毛よりも効果が大きいため、施術期間は短くてすみます。万が一、トラブルがあっても医療機関なので、薬を処方してもらうなどのケアをすぐにしてもらうことが可能。即効性を求めている人や完全に脱毛をしてしまいたい人にぴったりです。

フラッシュ脱毛

レーザー脱毛よりも出力の弱い光で毛根を刺激して脱毛を行います。そのまま施術を行うと痛みがあるので、冷却ジェルや保湿ジェルなどで処理を行う部分を冷やしてから光を照射するのが一般的。レーザー脱毛に比べると出力が弱いため、施術回数は多くなってしまいますが、脱毛の範囲は、レーザー脱毛よりも広いのが特徴です。免許を持つ医師でなくても行える施術なので、脱毛サロンなどで施術が受けられます。

ニードル脱毛

先端がとても細い針を毛穴に差し込んで、針の先から電流を流すことで毛の処理を行う方法です。レーザー脱毛や光脱毛に比べると、施術時の痛みが大きいのが特徴。例えるならば、手持ち花火の先端が一瞬、肌に触れるのと同じくらいの痛みや熱さとなります。その分、脱毛の効果はかなり高く、一度の施術でほとんど永久脱毛に近い効果が得られます。この施術は医療行為となるため、資格を持つクリニックや美容外科でなければ受けられません。

竿毛の脱毛をする時の格好

竿の毛を含む陰毛の脱毛を行う場合は、基本的には下半身は何も着衣しません。上半身は、来た時の恰好、もしくは専用のバスローブなどを着用します。施術後は、来た時に履いていた下着を着用しますが、脱毛の治療は皮膚への影響が強いものもあるので、あまり刺激を与えない方が良いでしょう。ボクサーパンツやブリーフのような肌に密着するものよりかはトランクスのような圧迫しない下着の方がおすすめです。

竿毛脱毛の痛み指数・術後の経過

痛み指数は?

例えば

  • レーザー脱毛の場合
  • チクチクとした刺激を感じます
  • 光脱毛の場合
  • 施術前に肌を冷やすのでほとんど痛みは感じません
  • ニードル脱毛の場合
  • 針の先から電流が流れるのでかなりの痛みが生じます

※痛みの感じ方は、個人によって異なります。

竿の毛は、比較的、太くて濃い毛がほとんどなのでレーザー脱毛、光脱毛のどちらの施術でも痛みはあります。ただし、一般的には、光脱毛の方が痛みが少ないので、あまり痛みに強くない人は、光脱毛の方が良いかもしれません。レーザー脱毛による施術でも麻酔などで痛みを和らげることは可能なので、気になる人は相談してみましょう。

効果が実感できるまでの施術回数は?

施術方法によって脱毛の効果が得られるまで何度、治療をすればよいのかというのはそれぞれです。レーザー脱毛の場合は、効果が現れるまでの標準回数は2~3回、つるつるになるまでには6~8回かかるといわれています。一方、光脱毛は、脱毛が進んでいると実感するまでに6~8回、完全に脱毛が完了するまでには16~18回ぐらいかかるので、光脱毛の方が、レーザー脱毛よりも倍ぐらい、回数が必要となります。

短期間で効果を実感したい人には、ニードル脱毛がおすすめ。しかし、先ほど紹介したように痛みが激しく、1回あたりの費用も高額となるので、しっかりと検討してから脱毛の方法を決めるようにしましょう。

目安となる施術期間

脱毛を早く終わらせたくても毎日のように施術を行うというわけにはいきません。肌など体へのダメージを考慮しなければならないため、一定期間ごとに治療をするケースがほとんどです。では、標準的なペースで治療を行った場合の治療期間はどれくらいかかるのでしょうか。クリニックで行うレーザー脱毛の場合は、1年から1年半程度で、脱毛の効果が出てくるのが施術を始めてから大体、2~4か月後です。一方、サロンで行う光脱毛の場合は、脱毛がほぼ完了するまで2年半から3年という期間が必要となり、脱毛効果が表れるのも1年ほどたってからです。

カウンセリングの際のチェックポイント

脱毛を行う前に必ず行われるのがカウンセリング。自分がどのような脱毛をしたいのか、どれくらいの予算を考えているのか、どのような施術が受けられるのか、どのような特徴があるのかなど、脱毛に関する不安なことや疑問に思うことは、このカウンセリングで全て解消しておかなければなりません。ではどのようなことをチェックすればよいのかを紹介していきます。

Point.1 通いやすさ

これは、カウンセリングよりももう少し前段階のクリニック選びで気を付けるポイントです。脱毛は、長ければ数年間、通い続けなければならないので、自分が無理なく通えるところにあるクリニックやサロンを選ばなければなりません。どれだけ、自分が受けたい施術方法があったとしても、通うのに2時間も3時間もかかってしまうとどうしても面倒になって通うのをやめてしまいます。

おすすめなのは、自分の行動するテリトリー内にあるサロンやクリニックを選ぶということ。例えば社会人の人ならば、自宅の近所だけでなく、勤務先がある駅の周辺などもおすすめです。知り合いなどに知られたくない場合は、通勤途中にある駅周辺で探せば、定期券などで交通費もかからないケースも多いため、金銭的にも体力的にも負担が少なくなるのでぴったり。

Point.2 スタッフの対応と設備

脱毛を行うサロンやクリニックは、ホームページやSNSなどでどのような脱毛を行っているかや、店内の様子などを写真付きで紹介しています。ですが、カウンセリングに行ってみると内装が想像していたよりも汚かったり、施術も話を聞いてみると少し違うというケースも。また実際に利用した人の口コミもネット上にはありますが、これも主観で書かれている部分が大きいので、カウンセリングでしっかりと確かめるのが重要です。

Point.3 脱毛機やプランの説明

同じレーザー脱毛や光脱毛でも、導入している設備によって効果や施術の特徴が変わってきます。ですので、カウンセリングでは、どのような設備を使ってどのような施術を行うのかをきちんと確認しましょう。また、デメリットを確認するのも忘れてはいけません。脱毛の施術では全てにおいて優れている治療方法は現在、ありません。どのような施術にも、良い点があれば悪い点も必ずあります。その部分をきちんと説明せずに隠すようであれば、万が一の場合にトラブルの原因となります。デメリットも分かりやすく説明するサロンやクリニックを選ぶというのも、重要なポイントの1つになります。

竿毛の範囲を把握しておく

竿毛というのは、学術的に「陰茎」と呼ばれる部分から生えてくる毛のこと。わかりやすくいうとペニスそのもののことです。男性脱毛でもVIOラインの脱毛は人気なので、ほとんどのサロンやクリニックで施術をしてくれますが、玉袋や竿の部分まで処理をしてくれるのかどうかは様々。この部分が含まれるかどうかというのも事前に確認しておいた方が良いでしょう。

竿毛を自己処理する危険性

入浴のついでにひげを剃っている人は、そのままの流れで竿の毛をカミソリで処理することもできます。ですが、竿の部分の皮膚はとても薄いので慎重に処理をしなければなりません。一歩、間違えてしまうと大きなケガをしてしまう危険性があるので注意が必要です。

夏場は注意

竿毛などデリケートゾーンの事故処理を行う場合、夏などの暑い時期には特に注意しなければなりません。その理由は、「毛嚢炎」です。毛嚢炎とは、毛根の更に奥にある毛包と呼ばれる部分があり、その部分に細菌が感染してしまうと赤味をおびた炎症を起こしてしまいます。剃毛などを行うと、細菌が入りやすくなってしまうため、感染のリスクが高くなるのです。

女性の印象は?

竿毛をはじめとする陰毛の処理を行う理由には、衛生的な面もありますが、やはり異性から清潔感があるという風に見られたいというのが大きな理由の1つです。日本人男性はそれほど処理をしている人が多くないので、それほど嫌悪感を示す女性は多くないかも知れませんが、きれいに処理してあれば好感度が上がるのは間違いないでしょう。

竿毛を嫌う理由

竿の部分の毛は、誰でもみんな生えているというわけではなく、人によるケースがほとんど。そのため、見た目的にもあまり良い印象は与えません。また、あまりに毛の量が多いと、恋人や奥さんとの性交渉に支障をきたすことも考えられます。だからといって、自分で剃毛したりすると、生えかけた毛が刺さってしまって相手の女性を更に傷つけてしまうかもしれません。ですので、きちんとサロンやクリニックで施術を受けるのがおすすめです。

あわせてやりたいココも脱毛

一緒に脱毛をするのであれば、玉袋などの竿以外の男性器周りと肛門の脱毛をするのがよいでしょう。「男性でデリケートゾーンの脱毛をしている人がいるの?」「全部つるつるにしてしまうと逆に恥ずかしい」という人もいるかも知れませんが、欧米では、それが当たり前のマナーとなっています。衛生的にも良いので、興味がある人は、まとめて処理してしまうのも良いかもしれません。

こんなページも見られています

TOP