脱毛したい部位別サーチ

 玉毛
脱毛したい!

欧米では当たり前?日本でも増加する男性の脱毛

男性のデリケートゾーンの一部である玉袋の毛、通称「玉毛」を脱毛する男性が増えています。欧米では、陰毛を処理することがエチケットとされているため、脱毛をしている人がほとんど。最近では、有名スポーツ選手やアーティスト、映画俳優などが処理をしているということを耳にすることがあります。衛生的にもメリットが多いため、日本人男性にも徐々に浸透し、ケアをしている人が年々、増加。興味がある人は、ぜひ脱毛サロンやクリニックで相談してみて下さい。

玉毛の生え方/特徴

玉毛をはじめとする陰毛は、体毛の中でも毛が太く、濃いのが特徴。しかも縮れているため、実際の毛量よりも多く見えるケースがほとんどです。抜いてしまうと痛みが激しく、剃るとさらに濃くなってしまうし、処理後、チクチクする。だからと言って、はさみで切るのも難しいため、どのように処理するのが良いのか迷ってしまう部分の1つです。また、玉の部分は、皮膚が薄く、表面が滑らかではないため、カミソリなどで処理をすると、傷ができてしまう可能性もあります。そのため、温泉に行くことができなくなったり、彼女に会えなくなったりしてしまうかも知れないので、サロンやクリニックなど専門機関で脱毛をするようにしましょう。

玉毛の主な脱毛施術方法は?

医療レーザー脱毛

医療機関で行うレーザー脱毛。黒い部分に反応するレーザーを毛根に当てて、根元から除去する方法です。一度の施術費用は、エステに比べると費用が高くなりがちですが、その分効果が高いので、トータルで見るとコストパフォーマンスが高い場合もあります。即効性が高く、お金に糸目はつけずにしっかり脱毛したい人におすすめ。

フラッシュ脱毛

レーザーよりも出力の弱い光で毛根を刺激し、脱毛する方法。一般的には、保湿ジェルなどで冷やしてから光を照射していきます。そのままの施術だと痛みが強いため、冷やしながらやらなければなりませんが、他の脱毛方法に比べ、楽に毛を処理することが可能。蒸れや臭いなどの悩みを解消することができます。

ニードル脱毛

先がとても細い針を毛穴に挿入して、その先から電気を流すことで毛根を刺激し、毛を処理する方法です。痛みがとても強く、手で持つ花火が一瞬、肌で触れた時と同じぐらいの痛みを伴います。その分、効果は絶大で、ほとんど永久脱毛に近い脱毛をすることが可能。永久脱毛を希望する人や日焼けなどで肌が黒い方、痛みに耐えられる人にはおすすめです。

ワックス脱毛

陰毛が生えている部分にワックスを塗り付け、その上からシールを貼ってはがすことで毛を処理する方法。瞬間的にピリッとした痛みを感じますが、慣れてくると病みつきになるという人もいます。一度の施術でつるつるになりますが、あくまで応急処置的な施術です。つるつるの期間は、長くても3週間程度。永久脱毛を希望する人には不向きな施術となります。剃毛のような剃り残しが全くないため、チクチクする不快感を味わう心配がないのは、大きなメリットです。

玉毛の脱毛をする時の格好

玉毛などの陰毛を脱毛する場合の服装は、上半身は着衣したままで下半身は、裸の状態がほとんどです。サロンやクリニックによっては、一時的に紙パンツを着用したり、ガウンを羽織ることはありますが、施術時は下には何も着用しないと思っておいたほうが良いでしょう。施術後は、肌へのダメージがあることもあるので、あまりピタッと密着しない下着を履いていくのがおすすめです。

玉毛脱毛の痛み指数・術後の経過

痛み指数は?

例えば

  • レーザー脱毛の場合
  • 若干の痛みが伴うことがありますが、リクエストをしておけば麻酔を事前にしてくれるので安心
  • 光脱毛の場合
  • 施術前に冷却をするのでほとんど痛みは感じません
  • ニードル脱毛の場合
  • 若干の痛みが伴います

※痛みの感じ方は、個人によって異なります。

玉毛を含む陰毛は、他の体毛よりも太く濃い毛が生えています。そのため、レーザー脱毛や光脱毛を行っても、多少の痛みは感じます。しかし、一般的にはレーザー脱毛に比べると、光脱毛の方が痛みが少ないケースがほとんどです。また、玉毛が生えている部分の皮膚はとても薄く、施術時の痛みを感じやすいことがあります。冷却したり麻酔をしたりすることができますが、気になる人は事前に確認しておきましょう。

効果が実感できるまでの施術回数は?

人によって効果が現れるまでの回数はことなりますが、レーザー脱毛の場合は、2~3回程度で、脱毛の効果が徐々に現れ始め、6回ぐらい施術を繰り返すと全く毛がないつるつるの状態になります。光脱毛の場合は、5~6回目で効果が見え始め、つるつるになるまでは16回程度の施術が必要。ニードル脱毛ならば、最も少ない回数で効果が実感できますが、痛みが強かったり、費用が高いので、それらを比べて施術方法を選びましょう。

目安となる施術期間

クリニックでレーザー脱毛をする場合は、3か月ぐらいから効果が実感でき、脱毛が完了するまでの期間は、1年から1年半程度かかります。サロンで行う光脱毛は、10か月ぐらいでようやく施術の効果が分かるようになり、完了するまでには長いと3年ちかくかかることも。個人差はありますが、サロンの光脱毛に比べてクリニックのレーザー脱毛は、半分程度と考えておくとよいでしょう。

カウンセリングの際のチェックポイント

男性が脱毛を行う場合、体の部位にかかわらず、何日か通うことになります。長期間にわたる治療をしっかり行うためにも、事前のカウンセリングがとても重要です。ここでは、カウンセリングをする際にチェックするポイントを紹介していきます。

Point.1 通いやすさ

サロンによって行っている脱毛の方法はそれぞれ異なります。また、同じ施術方法でも使用する設備が違うと変わってくるのが、施術と施術の間の期間です。この期間が短いと、自分の生活リズムに組み込みやすく、治療も長続きするのですが、変に間が空いてしまうと無駄に長期間になってしまい、ついつい面倒になってしまうということも少なくありません。そのため、最初のカウンセリングでどのような治療が受けられるのか、その治療の場合、どれくらいのスパンで治療を受けることができて、施術が完了するまでどれくらいかかるのかをチェックしておくことが重要です。

Point.2 スタッフの対応と設備

最近は、脱毛を行っているサロンやクリニックのほとんどがホームページやSNSなどを使って、自分たちのPRを行っていますが、これらに掲載されている情報や写真などは、自分たちにとって都合の良いものしか基本的には載っていません。そのため、初回のカウンセリングの時に、サロンやクリニックの雰囲気をしっかり見ておきましょう。思っていたより内装が汚れていたり、スタッフのちょっとした対応だったり、気になる部分が分かってくるかも知れません。

このような点があると、自分が通うためのモチベーションが下がる原因になってしまいます。脱毛をする上で一番、気をつけなければならないのが、通うのを止めてしまわないようにすること。そうならないようにするためにも、サロンの設備などはしっかりチェックするようにしましょう。

Point.3 脱毛機やプランの説明

先ほども少し触れましたが、使用するレーザー設備は、クリニックによって異なります。どのような設備を使って施術を行うのかはとても重要なことなので、必ず説明を受けるようにしましょう。この説明があやふやなようでは、安心して治療を受けることはできません。また、デメリットをきちんと説明してくれるかもきちんと確認することが重要。全てにおいて完璧な治療方法は、現時点では存在しません。それぞれが一長一短で、自分が何に重点をおいて治療を受けるかを選択する必要があります。良いことばかり説明して、悪い部分を説明しないサロンやクリニックはあまりおすすめできません。

玉毛の範囲を把握しておく

玉毛とは、医学的に「陰嚢」と呼ばれる部分から生えている毛のことを指します。陰嚢とは、分かりやすく言うと玉袋のことです。VIOラインの脱毛を行うサロンやクリニックの中には、竿の部分、玉の部分という風に細かく施術箇所を分類しているところもあるので、どこまで施術をしてもらえるのかを事前にきちんと確認しておきましょう。

玉毛を自己処理する危険性

玉毛は、入浴の際に自分で処理することができます。しかし、自分で処理する時には、様々な危険が潜んでいるので注意が必要。例えば、玉毛が生えている部分の皮膚は、しわが多く、他の皮膚に比べて、滑らかではありません。そのため、カミソリなどで処理をする場合に誤って、皮膚を傷つけてしまう可能性があります。また、カミソリで処理をすると、数日たつと短い毛が再び生えてきます。これまで何度を紹介しましたが、玉毛は、太くて濃い毛なので、短いと周囲の皮膚に刺さってしまうかもしれません。更に恋人と性交渉をする場合に、相手を傷つけてしまい不快にさせてしまうこともあります。

夏場は注意

夏の暑い時期になると「毛嚢炎」を引き起こす可能性が高まるので、自己処理をするのは注意が必要です。毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込むことで炎症を起こしてしまうことを言います。かゆみはありませんが、痛みを伴う赤いぶつぶつができるので注意してください。

女性の印象は?

玉毛に限らず、ムダ毛を好む女性は圧倒的少数というのが現状です。陰毛を処理している日本人男性はそれほど多くないため、そこまで嫌悪感を抱く女性は少ないかも知れませんが、逆にしっかりと処理をしていると清潔感を感じ、好印象を与える要因の1つになる可能性があります。

玉毛の脱毛は衛生面でも適している

玉毛は、デリケートゾーンであるため、パンツなどで覆われ、密閉された中で長時間、過ごすということも少なくありません。夏などの暑い時期には、蒸れてしまい臭いの元となることも考えられます。ですので、玉毛をはじめとする陰毛をきちんと処理することで衛生的にも良いということが言えます。

恥ずかしいというコンプレックスからの解消

デリケートゾーンの毛は、普段、あまり人目にさらすことはないのですが、友人と温泉に行った時や、彼女にちょっとしたことがきっかけで見られた時に恥ずかしい思いをするということも。中には、コンプレックスに感じている人もいます。このような問題は、脱毛をすることで簡単に解消することが可能。悩んでいる人は、まずは相談してみるのが良いかもしれません。

あわせてやりたいココも脱毛

一緒に脱毛をするのであれば、玉毛以外の陰毛、肛門周りといったデリケートゾーンがおすすめ。玉毛だけをしっかり処理しても他の部分に毛が生えているとほとんど気づかれない可能性もあります。せっかく処理をするのであれば、デリケートゾーン全体をしっかり処理するのが良いでしょう。

こんなページも見られています

TOP