手軽に自分でできる家庭用脱毛機の実力は?

ここでは、手軽に自宅で脱毛できる家庭用脱毛機について調べてみました。メンズ脱毛をやっているサロンやクリニックにも興味はあるけど、ちょっと恥ずかしい、勇気が出ないという方におすすめしたいのが家庭用脱毛機です。自宅で誰にも見られずに手軽に脱毛ができるので、最近は女性だけでなく男性の愛用者も増えてきています。価格は数万円くらいのものが多いです。安いものではありませんが、サロンやクリニックに行くまでの時間や手間を考えればこちらの方が得をしているかも?気になるのはその効果。こちらでは、どれくらいで効果が出るのか、使う時の注意点などをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器の特徴

最近はたくさんの種類の家庭用脱毛器が発売されています。脱毛の仕組みは、大きく分けて3種類。その種類ごとに価格や痛み、脱毛の効果などが変わってきます。

家庭用脱毛器の種類

1つ目は、フラッシュ式。価格の安さ・手軽さを重視するならこのフラッシュ式脱毛器をおすすめします。これは、脱毛サロンで行われている脱毛と同じ仕組み。IPLという光を毛に照射し、毛根にダメージを与えます。また、他の2種類の機器よりも照射口が大きいため、1回で脱毛できる範囲が広いのが特徴です。そのため、腕や足などの広い範囲の脱毛にも向いています。

2つ目は、レーザー式。機器自体が最も安価で、痛みも比較的少なめです。これはクリニックで行われているレーザー脱毛と同じ仕組みで毛に働きかけます。黒い色素に反応するレーザーを照射することで、毛根にダメージを与えます。クリニックのレーザーに比べると出力は弱められていますが、脱毛効果は3種類の脱毛法のうちで最も期待できます。レーザー式脱毛器は照射口が狭いため、ピンポイントでの脱毛に。顔のムダ毛や指毛など、小さな範囲の脱毛向いています。

3つ目は、バルジ式。これは痛みが少なく肌に優しいのがメリットとして挙げられますが、約20万円とかなり高価です。毛根にあるバルジ領域では、毛を生やす元となる幹細胞が発生しています。そのバルジ領域にダメージを与えることで脱毛をする仕組み。家庭用に限界までパワーが弱められているため、効果があまり期待できないというデメリットがあります。

脱毛ワックスとクリーム

家庭でできる脱毛法として、脱毛ワックスやクリームがあります。こちらも手軽に自宅で脱毛できることができ、価格も安いものは1,000円くらいからドラッグストアなどで購入できるため人気の脱毛法です。しかし、脱毛機器を使った脱毛と比べて、効果が持続しないところがデメリット。クリームの場合、肌表面の毛を溶かすだけなので、1週間~2週間ほどで元通り毛が生えてきてしまいます。ワックスの場合は、毛根から脱毛するため1ヶ月くらい持続しますが、毛根にアプローチして毛を生やさないようにする脱毛器と比べると、効果の持続性は低いということになります。

家庭用脱毛のメリット/デメリット

メリット

1番のメリットはその手軽さ。自宅で空いた時間に手軽に脱毛できます。また1度購入してしまえば繰り返し使えるため、機器自体は安いものではありませんが、長い目で見るとお得だと言えます。家族で共用で使うこともできるため、彼女や奥様と一緒に使うのも良いですね。

デメリット

サロンやクリニックで扱っている機器に比べて、出力は劣ります。これは個人でトラブルなく使えるようにパワーが抑えられているため。また、脱毛後に痛みをケアする冷却装置などがないため、強い痛みを感じることもあります。やはり個人で脱毛を行うとなると、自分で機器の準備をして肌に照射し、後片付けをして…という手間もかかります。

主な施術回数

もちろん個人差はありますが、体験談を見てみると、1週間に2回程度の照射を半年くらい続けることで、剛毛がつるつるになっているという方が多くいるようでした。1回の施術では、目に見える効果はなく、1週間~2週間経過した頃から毛が抜け落ちはじめ、それを繰り返すことでだんだんと毛が細くなっていきます。

回数別経過状況

使用開始~1ヶ月…フラッシュ式の脱毛器を使用。照射前に毛の処理をしているため肌はつるつるしていますが、直後は特に変化はありません。1回目の照射をして10日~2週間経過した頃から、自然に毛が抜け落ちるように。指で毛を引っ張ると、痛みもなくするっと抜ける毛が多くなってきます。

1ヶ月~2ヶ月…1回目の使用の段階から、すでに毛がまばらになっているのを感じられます。毛周期の関係で前回の使用で照射できなかった毛にアプローチ。さらにスルッと抜ける毛が増えます。

2ヶ月~3ヶ月…目で見てわかるほど、毛が少なく細くなってきます。前はプツプツと毛穴が目立っていた肌がすべすべに。太い毛もまだありますが、黒々とした剛毛は生えてこなくなります。

半年後…約10日間は脱毛器を使用しなくてもほとんど毛が生えてこないほどに。生えてきてもよく見なければわからないくらい細い毛です。

家庭用脱毛器の注意事項

家庭用脱毛器を使う際は、いくつかの注意点があります。いくら出力が弱い家庭用の脱毛器だからと言っても肌へのダメージはあります。そのため日差しが強くなる季節に使用する場合は、なるべく日焼けをしないようにしましょう。また、脱毛した後はクリームなどを使った保湿が効果的です。肌荒れなどの肌トラブルがある時には、絶対に脱毛機器を使用しないようにしましょう。

光脱毛器を使用する際は、サングラスの着用がおすすめ。光脱毛器は強い光を発するため目を保護しなければいけません。

自宅で手軽に使用できるのが家庭用脱毛器のメリットですが、使用上の注意を守ってトラブルのないように注意しながら使うようにしましょう。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

TOP