メンズ脱毛TOP » 洗練された男への一歩、メンズ脱毛サロン&クリニック一覧 » リンクスホールディングスと都築寛史氏を調査

メンズ脱毛サロンのパイオニアリンクスホールディングス

脱毛サロンの質は運営会社で決まる!

メンズ専用脱毛サロンRINXの運営会社である「株式会社リンクスホールディングス」と、会長である都築寛史氏について紹介しています。脱毛サロンやクリニックを選ぶ際、多くの人はその運営元にまで注目しないでしょう。しかし、よく考えてみるとサロンで使用されるマシンは運営元が出資して購入されたものだし、サロンのスタッフは運営元の社員です。運営会社が信用できないようなサロンにはいくべきでないと言えます。リンクスホールディングスと都築寛史さんの情報から、脱毛サロンRINXの真価を見極めてみてください。都築寛史さんが代表取締役を務めるRINX PLUSやブランディングエージェントといったリンクスホールディングスの関連企業についても合わせて紹介します。

株式会社リンクスホールディングスの事業内容

男性向けにエステ・美容・理容といったサービスを提供しているリンクスホールディングス。核となる事業は、日本全国に40もの店舗を展開する大手メンズ脱毛サロンRINXの運営です。

リンクスホールディングスはRINXがより良いサービスを顧客に提供できるよう、求人や人材育成、設備の開発を行っています。リンクスホールディングスのメイン事業である脱毛サロン運営について、さらに詳しく見ていきましょう。

RINX(リンクス)のスタッフ育成

脱毛サロンRINXは脱毛技能士という独自資格を定め、スタッフのサービス品質を維持・向上しています。運営元のリンクスホールディングスでは、脱毛技能士を育成するためにさまざまな講習を実施。脱毛に必要な毛髪理論や皮膚理論の講習や接客サービスのための接遇研修、さらには使用する脱毛マシンの製造工程やプログラムを学習するための授業もあるのだとか。脱毛サロンRINXが常に高水準なサービスを提供できるよう、運営元のリンクスホールディングスは人材育成し続けているのです。

設備や製品の開発

リンクスホールディングスはRINXで使用する脱毛機やメンズコスメの開発に多額の投資を行っています。 RINXの脱毛に使われるのはオリジナルの脱毛機「INOVATION」。これはリンクスホールディングスが提携メーカーと共同で開発した、男性専用脱毛機です。日本人男性の体毛に合わせたマシンを1から作ることで、効果と安全性の高い施術が可能になりました。また、リンクスホールディングスは脱毛施術の際に塗るジェルやアフタージェルも、オーガニック素材にこだわったオリジナル製品を開発。リンクスホールディングスでは毎年、経常利益の3~4割ほどを設備投資にまわしているそうです。

リンクスホールディングスはRINXの運営会社として、脱毛サービスの品質向上に向けた事業活動を行っています。

株式会社リンクスホールディングスの
企業理念

リンクスホールディングスの企業理念は一般に公開されていません。ですが、運営する脱毛サロンRINXのコンセプトが「メンズ脱毛をもっと身近に」であることから、リンクスホールディングの企業理念もメンズ脱毛を通じた顧客への貢献といった方向性であることが推測されます。

リンクスホールディングスの会長
都築寛史の情報

現在、株式会社リンクスホールディングスの会長職にある都築寛史氏は、他にもブランディングエージェントやRINX PLUSといった会社も運営する起業家です。

脱毛サロンRINX(リンクス)の創業

都築会長がRINXを開業したのは21歳のとき。もともと美容品の営業をしていた都築会長はクライアントの女性エステサロンスタッフが「『髭の脱毛はできないんですか?』と、男の人から嫌がらせの電話が来る」と話しているのを耳にします。「もしかすると嫌がらせではなく、本当に髭の脱毛がしたい男性がいるのでは?メンズ脱毛には需要があるのではないか?」と考えたのが、都築会長がRINXをはじめるきっかけだったそうです。RINXの開業当時、メンズ脱毛に理解を示す人は少なく、友人からも開業への賛同を得られなかったという都築会長。起業の参考にと足を運んだエステサロンで「ヒゲ脱毛は80万円」という見積もりをだされ、「学生でも通えるような脱毛サロンをつくる!」と余計に奮起したのだそうです。

RINX PLUSとブランディングエージェントを設立

大阪に本社を置くリンクスホールディングスを運営元として、脱毛サロンRINXは現在全国に40店舗以上を展開しています。創業者であった都築寛史氏は会長職となり、会社の運営と経営は後任に引き継いでいるのだそうです。 都築会長はリンクスホールディングスだけでなく、株式会社RINX PLUSやブランディングエージェントといった会社も運営しています。RINX PLUSはリンクスホールディングスとともに脱毛サロンRINXの運営を行う企業。ブランディングエージェントは2017年に設立された会社です。ブランディングエージェントの全貌はまだ明かされていませんが、RINXのHPの監修や、他企業のマネジメントコンサルティングなど幅広い事業を行っているようです。 都築会長の経営するリンクスホールディングスやRINX PLUS、ブランディングエージェントがどのような事業展開を見せるのか楽しみですね。

株式会社リンクスホールディングスの
歴史

2008年に21歳の都築寛史氏によって開業されたメンズ脱毛サロン・リンクス(rinx)。雑居ビルの一室で創業された当初は、2か月間まったく客が入らず、都築氏自らチラシを配りに奔走したそうです。 2011年には株式会社リンクスが設立され、都築氏は代表取締役に就任。2012年にはRINX PLUSが、2013年にはリンクスホールディングスが設立され、脱毛サロンRINXの運営会社となっています。

株式会社リンクスホールディングスの
関連企業

リンクスホールディングスの会長を務める都築寛史氏は、株式会社リンクス・株式会社RINX PLUS・株式会社ブランディングエージェントの代表取締役でもあります。リンクスホールディングスの関連企業としてあげられるのはこの3社でしょう。株式会社リンクスと株式会社RINX PLUSは脱毛サロンリンクス(rinx)の運営にかかわっています。株式会社ブランディングエージェントはマーケティングやマネジメントコンサルティングなど幅広い業務を取り扱っており、リンクスの公式HPも監修。今後は他社ブランディングも手掛けていくようです。

まとめ
株式会社リンクスホールディングス
脱毛サロンRINX

脱毛サロンRINXの運営会社リンクスホールディングスは、都築会長が創業した2008年以来、「メンズ脱毛をより身近に」を合言葉に成長を続けてきました。顧客により良いサービスを提供しようとする企業努力が、会社の規模拡大に無理なくつながっているのがリンクスホールディングスの特徴です。 体毛が薄く清潔感のある男性が女性に高評価される時代の流れもあり、メンズ脱毛エステの先駆者リンクスホールディングスは今後も止まることなく進化していくことでしょう。

RINX(リンクス)の運営会社情報

運営母体 株式会社リンクス
株式会社RINX PLUS
株式会社リンクスホールディングス
株式会社ブランディングエージェント
代表取締役 讃岐交雄
長嶺拓
都築寛史
藤木潤一
渡邊丈洋
顧問・監修 松岡孝明
鈴木伸佳
山田俊輔
楯本智久
所在地 〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島3-3-3
中之島三井ビルディング2101
TOP