メンズリゼの運営元医療法人社団風林会

運営元からメンズリゼの脱毛を考えてみる

男性向け美容クリニック・メンズリゼの運営元「医療法人社団風林会」とその理事長である「赤塚正洋」医師、メンズリゼの経営サポートに入っている「ライズネット株式会社」について調査しました。 「メンズ脱毛のサイトで脱毛クリニックの運営元の情報まで調べて何の意味があるの?」と感じる方もいるかもしれません。しかし、脱毛サロン・クリニックのサービス内容や導入する脱毛機、スタッフの育成方針などはすべて運営会社の影響を直接に受けるのです。優れた運営会社がついているならば、そのサロン・クリニックの脱毛の品質は保証されたも同然と言ってよいでしょう。逆に、良い評判がなかったり、そもそも情報をほとんど開示していなかったりする会社の運営するサロンやクリニックで脱毛したいなどと、誰が思うのでしょう? それでは医療法人社団風林会と理事長・赤塚正洋医師、ライズネット株式会社の紹介に移ります。ネット上での評判も調べているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

医療法人社団風林会の事業内容

リゼクリニックとメンズリゼの運営が医療法人社団風林会の中心事業です。リゼクリニックとメンズリゼがどのように運営されているのか詳しく見ていきましょう。

リゼクリニックのサービス

女性向けの美容皮膚科リゼクリニックでは主に医療脱毛を行っています。患者の目線に立った様々なサービスが評判です。 その一つが医師と女性スタッフによる「Wカウンセリング」。専門知識を持った医師がレーザー脱毛についてリスクやデメリットまでしっかりと事前説明し、医師には打ち明けづらい話を女性スタッフがヒアリングするという2段階のカウンセリングです。 また、リゼクリニックでは予約キャンセル料・施術前の剃毛料・カウンセリング料・照射漏れの際の際照射料などがすべて無料。このわかりやすい料金体系が設定されたのは「予定外の出費が発生しないように」という患者への配慮から生まれています。 医療社団法人風林会は患者の不安や懸念を丁寧にフォローすることを重視して、リゼクリニックを運営しているようですね。

リゼクリニックのレーザー脱毛

リゼクリニックは「医療レーザー脱毛は基本的に痛みを伴うのが当然。だからこそ、可能な限り痛みを軽減するために日々、スタッフは努力を惜しまない」と公式サイトでアナウンスしています。「痛くない」と甘い言葉で患者を誘うようなことはせず、事実をありのままに伝えて自分たちにできることをしようという真摯な姿勢を大切にしているのです。医療法人社団風林会がそのような方針のもと運営していることがうかがえます。 リゼクリニックでは脱毛に「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNeXT」「ジェントルYAG」という3種類のレーザー機を導入。患者一人ひとりの肌質・毛質に合わせて使い分けているそうですが、複数のレーザー機を常備すると1台だけ置いておくより維持費がかかります。それでもより良い脱毛施術を提供するため、3種のレーザーを用意しているリゼクリニック。ここにも医療法人社団風林会が真摯なクリニック運営を心掛けているのが透けて見えますね。

メンズリゼのサービス

リゼクリニックで導入されている「予約キャンセル料・施術前の剃毛料・カウンセリング料・照射漏れの際の際照射料すべて0円」という料金システムはメンズリゼにおいてもそのまま。わかりやすく予定外の費用が発生しないわかりやすい料金体系にすることが、医療法人社団風林会の運営スタイルの一つであることは間違いないでしょう。 メンズリゼはもともと「東京アールズクリニック」という名前で運営されていました。2016年に名称が東京アールズクリニックからメンズリゼに変更となり「今後はリゼクリニックとの連携をより深めていく」と発表。リゼクリニックで好評だったものはメンズリゼにも導入し、メンズリゼで好評だったものはリゼクリニックへとあいだに医療法人社団風林会が入って良いものを融通しあうことで、メンズリゼとリゼクリニックはますます脱毛サービスの質を高めているようです。

医療法人社団風林会の
企業理念

医療法人社団風林会は会社理念を一般に公開していません。ただ、代表の赤塚正洋医師が「どうしたら患者に満足してもらえるのかを愚直に追い続けてきた」とメンズリゼの公式サイトにて発言していることから、医療法人社団風林会の理念もそういったものだと考えられます。おそらくは「患者の目線に立った医療を提供し続ける」といった内容のものでしょう。

医療法人社団風林会の理事長
赤塚正洋について

メンズリゼの総院長である赤塚正洋医師が医療法人社団風林の理事長を兼任しています。赤塚医師は1992年に東海大学の医学部を卒業した後、そのまま東海大学医学部の附属病院で医療にて従事。2012年からは神奈川県の寒川病院に勤務しています。メンズリゼの院長職に就いたのは2015年のことです。赤塚医師が医療法人社団風林会の理事長に就任したのも、公式の発表はありませんが、おそらくこの頃だと思われます。 どんな時でも患者が満足できるような対応を意識してきたと語る赤塚医師。医療法人社団風林会の理事長としても、患者目線にたった運営を心掛けているのでしょう。

医療法人社団風林会の
歴史

2010年3月に医療法人社団風林会は設立されました。医療法人なので、いわゆる資本金はありません。2016年にはそれまで「東京アールズクリニック」の名前で運営してきた組織を「メンズリゼ」に改名し、現在に至っています。

医療法人社団風林会の
関連企業

医療法人社団風林会が運営するメンズリゼの経営には「ライズネット株式会社」がサポートとして入っています。ライズネット株式会社はメンズリゼのブランディングやコンサルティングも手掛けており、医療法人社団風林会と関係の深い会社だと言えるでしょう。

医療法人社団風林会の口コミ

メンズリゼの運営元である医療法人風林会の評判を知るべく、ネット上の口コミを調査しました。風林会について評判を見ていきましょう。

医療社団法人風林会が運営しているクリニックで働いていたことがあります。当時は社員の数も少なく、その分色々な仕事を任せてもらえて、良い経験になりました。

入社したあと同期のメンバーが東京に集められ、そこで社員研修を受けさせられました。みっちり3日間かけて研修するので、同期との仲が深まって良いと思います。

メンズリゼのブランディングを行う
ライズネット株式会社とは

メンズリゼには、運営をする医療法人社団風林会だけでなく、経営のサポートを行う「ライズネット株式会社」という企業もかかわっています。 ライズネット株式会社はエステサロンや医療クリニックのブランディング・コンサルティングなどを手掛ける会社。リゼクリニック・メンズリゼのほかに、ゴリラクリニックのブランディングも担当しています。資本金は7億8750万5000円で、現在のところ代表取締役には吉村将臣氏、取締役社長には高木和哉氏がそれぞれ就任しているようです。 ブランディング・コンサルティングを通じてライズネットが実現するのは「広告費をできる限り抑えた集客」と「サロン・クリニックの認知向上」、「スタッフの人材育成」。メンズリゼやゴリラクリニックの広告を見ると、ライズネットのブランディング戦略が理解できるでしょう。スタッフの人材育成については、実際にメンズリゼに足を運んで確認するのがいいかもしれませんね。 ライズネット株式会社の経営サポートを受けながら、医療法人社団風林会はメンズリゼを今日まで拡大してきたのです。

ライズネット株式会社の口コミ

医療法人社団風林会の経営サポートを行っているライズネット株式会社についての評判を、ネット上の口コミから調査してみました。

東京に本社があるライズネットっていう会社が宮崎に進出するようですね。Webディレクターとかデザイナーとかの求人が出ていました。実際どうなんですかね、Web業界って。

プロジェクトを任せてもらえたり、責任ある立場に就けてもらえたりと、仕事のやりがいが得られる会社だと思います。ワンストップで行う案件が多いので、事業内容全体を把握する能力が鍛えられるのもいいところですね。

まとめ
医療法人社団風林会
メンズリゼ

メンズリゼの運営元である医療法人社団風林会の情報を見てきました。患者の立場にたって患者の満足のための美容医療を提供するという思いは、リゼクリニックとメンズリゼに共通しています。これは両院の運営元である医療法人社団風林会が「患者目線」のクリニック運営を方針としているためだと推察されます。経営をサポートしているライズネット株式会社とともに、今後もメンズリゼを患者の満足を実現するクリニックとして進化させていくことでしょう。 運営元が医療法人であるメンズリゼでは医療レーザーによる脱毛が受けられます。風林会や理事長の赤塚医師について知り、メンズリゼの脱毛にも興味が湧いた方は口コミや体験談などからさらに詳しく脱毛の情報を掘り下げてみてください。他サロン・クリニックの脱毛や運営元情報をチェックしてみるのも、良いサロン・クリニック選びには有効だと思いますよ。

TOP