【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.36
「本茶臼」

本茶臼において気になる脱毛部分とは?

「茶臼」とは、騎乗位を意味し、本茶臼はその中でも基本の形になります。男性が仰向けになって寝ころび、その上から女性が挿入。最後に女性が男性に体を預けるように前に倒れこんだら完成です。茶臼と名付けられたのは、女性の体を抹茶などを引く時に使う茶臼に見立てていることに由来しています。男性の方に倒れこむだけでなく、男性の胸元に手を置いたり、男性の頭の近くに手を着いたりしても構いません。自分が楽な姿勢を取り、好きなように動けるようにしましょう。

触れる毛・見られる毛(男性)

触れる毛

この体位は、お互いの密着度合いが高く、女性が体を預けた状態で行う場合は特に男性の上半身はほとんどが密着することになります。ですので、特にムダ毛が濃い部分とされるひげや胸毛、腹毛などの処理はしっかり行っておく必要があります。また、体を預けてきた女性を両腕で抱きしめると腕が触れるので腕の毛を脱毛するのも忘れないようにしておきましょう。

見られる毛

触れる毛と同様に女性の視界に入ってくるのは男性の上半身となります。ひげや胸毛、腹毛などは処理しておくことをおすすめします。せっかく盛り上がった雰囲気をムダ毛のせいで台無しにすることがないようにしてください。

体位のメリット・デメリット

メリット

正常位、後背位とともに三大体位の1つにも数えられる騎乗位は、お互いの肌のぬくもりを感じながら、しっかりと性器のつながりも行うことができる人気の体位。さらにキスをしながら、ピストンをすればさらに興奮度は増します。女性が男性に体を預けるようにすることで、男性は女性の胸の柔らかさを感じることができるのもポイント。激しく動くのではなく、イチャイチャしながら行うスローセックス向けです。

デメリット

この体位は、基本的には男性がとても動きづらいので女性がメインで腰を動かすことになります。しかし、女性も動きにくいので、男性が女性のお尻を少し引き寄せて、下から突き上げてあげるなどのサポートをしてあげるとよいでしょう。女性は、上下の動きだけでなく、前後に動いてみたり、円を描くように動かしてみるのも良いかもしれません。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP