【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.37
「いかだ茶臼」

いかだ茶臼において気になる脱毛部分とは?

体位の概要紹介

この体位は、まず男性が仰向けになって横になります。次の女性が馬乗りの状態で男性にまたがりペニスを挿入。その後、上体を男性の方に倒し、脚を後ろへ伸ばせば体位の完成です。最終的には、仰向けの男性の上にぴったりと女性がうつ伏せで重なるようなかたちになります。この体位のポイントは、男性が女性の体が横にバランスを崩さないように両手でしっかり支えてあげることです。詳しい名前の由来は、分かっていませんが、お互いの体が同じ方向を向いて並んでいる様が、いかだのように見えたのかも知れません。

触れる毛・見られる毛(男性)

触れる毛

男性の上から女性が覆いかぶさるようなかたちになるので、全身のほとんどが接触すると言っても過言ではありません。中でもひげから胸、腹部まではかなり密着度合いが高いので、きちんと処理をしていないと、女性に不快感を与えてしまうことになります。また、女性を両腕で抱きしめることで支えるので、腕の毛もきちんと処理をしておきましょう。もちろん、太ももやすねといった箇所も触れる可能性は十分あるので、体の前側はきちんと脱毛しておく必要があります。

見られる毛

女性の顔は、男性の顔の横にあるため視界に男性の姿が入りにくいのが特徴。しかし、この体位をしながらキスをしようとするとひげやもみあげなどが目に入るので処理をきちんとしておきましょう。また鼻毛が出ているとせっかくのムードも台無しになってしまうので、ブラジリアンワックスなどで脱毛するのがおすすめです。

体位のメリット・デメリット

メリット

この体位は、お互いの全身が重なりあうように密着するので、お互いの肌の感触を堪能することができ、特に女性は精神的な安心感を得ることができます。さらに男性が耳元で愛のある言葉をささやいてあげれば女性の興奮度はさらに増すことに。お互いがゆっくりと腰を動かしながら、スローセックスを楽しむのにおすすめの体位です。

デメリット

男女ともに不安定な姿勢であるとともに動きづらい体勢となっているので、あまり激しく腰を動かすことができません。ですので、激しい刺激が得られる性交渉を求めているカップルには不向きだと言えます。また、女性主導で動く体位なので、女性があまり慣れていないとうまくピストンをすることができないので、男性が下から少し突き上げてやるなどのサポートが必要です。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP