【登録日:

- 登録日:

【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.9
「いかだ本手」

いかだ本手において気になる脱毛部分とは?

いかだ本手とは、女性が正常位のような状態で仰向けになって脚を広げ、そこへ男性がうつ伏せの状態で脚を伸ばしたまま挿入する体位のことを言います。この体位のコツは、男性が腕立て伏せの要領で体を支えて真上から挿入するイメージでピストンを行うことです。

いかだ本手で触れる毛・見られる毛

【顔の毛】【胸毛】【VIO】【太もも】

触れる毛

この体位は、女性が両脚と両腕を男性の体に絡みつけやすく、その場合、男性の上半身から腰のあたりまでほとんど密着することになります。ですので、胸毛やギャランドゥ、背中、腰からお尻あたりのムダ毛をそのままにしておくと、女性はザラザラとした触感があるので注意しなければなりません。また、キスもしやすいのでひげの処理も必須だと言えます。

見られる毛

正常位によく似ていて体を密着させてしまうと、体のムダ毛はほとんど視界に入りません。ですので、あえて挙げるとすれば、ひげが目に付きやすくなります。SEXうんぬんにかかわらず、無精ひげは女性から敬遠されやすいので、しっかりと処理しておきましょう。

いかだ本手のメリット・デメリット

メリット

この体位は、正常位によく似ているため、肉体的にも精神的にも快感が得られやすいのがポイント。男性は、女性の局部の奥まで挿入することができるので、子宮を堪能することができ、女性はポルチオが刺激されやすいので真上から突き降ろされると貫通されるような、何とも言えない快感が得られます。また、女性が両手で男性を抱き寄せると密着度がグッと増し、安心感を抱いたままSEXを楽しむことが可能です。

デメリット

男性は両腕で自分の体を支え続けなければならないので、長時間にわたりこの体位を行うと体力を消耗してしまいます。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP