【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.12
「入船本手」

入船本手において気になる脱毛部分とは?

入船本手は、女性の体を宙に浮かした状態で行う正常位と言えばイメージしやすいかもしれません。まず通常の正常位と同様に女性は仰向けになって両脚を開き、男性を迎え入れる姿勢をとります。次に男性はペニスを挿入したら膝立ちの状態になり、次に女性は男性の腰に両脚を絡めます。そのまま後ろに手をついて上半身を持ち上げたら体位は完成。男性が女性の腰の部分もサポートしてあげると姿勢が安定します。

入船本手で触れる毛・見られる毛

【太もも】

触れる毛

一般的な正常位と同様に接触するのは、腹部や局部がメイン。それに加えて女性が男性の腰に脚を絡ませるため、腰や背中など体の後ろ側も接触しやすくなります。これらの部分は、自分の目でムダ毛が生えているかどうか確認しづらい部分なので、この体位をしようと考えている場合は、腰や背中のムダ毛処理をしっかり行っておく必要があります。

見られる毛

女性の視界に入るのは、正常位と同じく男性の顔や胸あたりの上半身が中心。ですので、行為を行っている最中に大量に生えた胸毛を見て女性が不快感を抱いてしまうことは十分に考えられます。この体位にかかわらず、胸毛やひげは性交渉を行う上で見られやすく接触しやすい部位だと言えるのできちんと処理をするようにしておきましょう。

入船本手のメリット・デメリット

メリット

この体位は、女性が体を起こすといわゆる座位という体位に近くなります。女性が体をのけぞらせることで、女性が感じている様子を眺めることができるので、サディスティックな男性は興奮を得られやすくなります。

デメリット

女性は自分の上半身を両腕だけで支えているため、とても不安定になります。特に女性がオーガズムに達すると体中の力が抜けてしまって、両腕では支えられなくなり、そのまま背中から落ちてしまう可能性も。女性がオーガズムに達しそうになったら、通常の正常位に体位を変えるなどしておく方が安全です。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP