【登録日:

- 登録日:

【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.7
「笠舟本手」

笠舟本手において気になる脱毛部分とは?

笠舟本手は、簡単に言うと女性が脚を曲げて行う正常位になります。女性は、一般的な正常位のように自分の両脚を開くのではなく、揃えて閉じた状態で膝を自分の胸の方へと引き寄せて、あとは男性がペニスを挿入するだけ。女性は自分の脚の裏を男性の鼠径部のあたりに置き、男性は自分の手を床に付くのではなく、目の前にある女性の脚を抱えるような体勢をとります。この体位については、ネット上でも詳しい解説がしてあるところが少なく、名前の由来などについてもほとんど分かっていないのが現状です。

笠舟本手で触れる毛・見られる毛

【胸毛】【太もも】

触れる毛

男性が女性の脚を引き寄せると女性の脚が男性の上半身の前側、特に胸やお腹のあたりが擦れてしまいます。ですので、この体位をする時には胸毛や腹毛の処理をしておくのがよいでしょう。また、男性の太ももの前側も女性のお尻の部分に触れてしまいます。女性の視覚外なので、急にザラザラした触感がすると驚かれてしまうかもしれません。密着する部分が多い体位なので、ムダ毛の処理は必須と言えます。

見られる毛

女性は自分が抱えこんでいる脚が死角となり、男性の体は見にくくなっているのがこの体位の特徴。仰向けの状態で正面を向いたとしても目線の先にあるのは、男性の顔と胸のあたりが見えるかどうかといったところです。ですので、女性に視覚的に不快を与えないようにするためには、ひげをきちんと処理しておくようにしましょう。

笠舟本手のメリット・デメリット

メリット

女性が脚を抱きかかえているようなかたちになるため、男性はより深く挿入することができます。さらに、男性は腰を自由に使うことができるため、女性の奥まで思い切り突くことが可能。女性は、男性が上体を起こすような姿勢で腰をしゃくりあげるとGスポットを刺激することができます。この他、膝を曲げると膣圧が高くなり締まりがよくなるのもポイントです。

デメリット

女性の奥まで簡単に突くことができる一方、子宮に与える刺激が強すぎて痛みを感じてしまう可能性があります。ですので、男性は女性が痛がっていないかを気遣いながら挿入を行うようにしましょう。また、痛みを感じやすい女性は、まくらなどで腰を持ち上げるようにすれば痛みを回避することができます。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP