【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.42
「廓つなぎ」

廓つなぎにおいて気になる脱毛部分とは?

こちらの体位は、とても難易度が高くあまり実用的な体位とは言えないのが正直なところ。「こんな体位もあるんだ」というぐらいにとらえた方がよいかも知れません。まず女性が仰向けになって脚を大きく開き、腰を少し浮かせます。男性は女性の体に対して垂直になるように構え、女性の片方の脚にしがみつくようなかたちになりながら挿入。女性のもう片方の脚を両脚で挟み込むような姿勢になれば完成です。男性が挿入する前に女性が腰を少し浮かせておくのがポイントで、こうしておかないと挿入しづらくなるので注意しましょう。

触れる毛・見られる毛(男性)

触れる毛

男性が女性の脚にしがみつくような姿勢になるので、女性は掴まれた脚で男性の腕や胸に触れることになります。そのため、これらの部分のムダ毛処理を怠ってしまうと、行為の最中に不快に感じてしまうかもしれません。また、両脚で女性のもう片方の脚を挟んでしまうので、太ももの脱毛も必須。前側だけでなく後ろ側のムダ毛もしっかり処理しておくようにしましょう。

見られる毛

男性の体は女性の下半身付近にあり、かつ女性は天井または後方を視線が行きやすいので、あまりムダ毛を見られる心配はないかもしれません。ただし、横を向いた時に、すねや腕へ視線が行きがちなので、この部分はしっかりと処理しておきましょう。

体位のメリット・デメリット

メリット

男性は女性の脚が目の前にあるので、脚フェチの男性にはたまらない体位だと言えます。あ指を舐めまわしたり、太ももに頬ずりするなど好きなように楽しむことができます。一方、女性は、いつもとは違うかたちで挿入されることになるので普段、当たらないようなところの刺激してもらうことが可能です。

デメリット

挿入具合が浅くなりやすい体位なので、気を付けなければすぐに抜けてしまいます。また、男性は女性の胸などを愛撫するのが困難なので、脚フェチ以外の人はあまり興奮できないかもしれません。挿入が垂直になるため、女性は陰核への刺激が少なくなってしまうという欠点があります。また、上体が離れているので精神的な安心感も得られにくくなっています。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP