【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.46
「さかさ椋鳥」

さかさ椋鳥において気になる脱毛部分とは?

この体位は、仰向けになった男性の顔の上に女性が男性の足元の方を向いて腰を降ろし、そのまま上体を男性の体へと預けて目の前にあるペニスを舐める。一度は聞いたり、体験したりしたことがあるシックスナインのことを言います。お互いの局部を口で刺激するのが基本で、場合によっては空いている手を使って乳首などを攻めることも可能です。

触れる毛・見られる毛(男性)

触れる毛

女性に触れる部分は、体の前側はほとんど全てと言っても過言ではありません。口で刺激してもらっている局部付近はもちろん、腹部や胸のあたりはかなり密着するのできちんと脱毛をしておく必要があります。また女性の局部を舐める時に口周りやあごに無精ひげが生えたままだと嫌がられる原因となるので注意しましょう。

見られる毛

女性から見える部分は、足先からすね、太もも、局部付近と下半身は全てです。特に局部や太ももは目の前にあるので、女性はまじまじと見ることができます。ですので、この部分のムダ毛処理はきちんとするようにしておきましょう。

体位のメリット・デメリット

メリット

男性は、仰向けになって基本的には口や舌を動かせばいいだけなので、とても楽に女性を攻めることができます。また、女性の膣に指を入れたり、お尻の丸みを触りながら堪能できるのもポイントです。一方、女性は上にいるので自分の好きなように動くことが可能。男性器を舐めるストロークの深さや速さを調節することができ、また、自分で腰を動かすことで舐めてほしいところへ導くこともできます。

デメリット

男性は、女性器を舐める時に少し頭を上に持ち上げなければならず、長時間、攻め続けると首へ疲労がたまってしまいます。また、女性は気持ちよくなると逃げ腰になりがちなので、攻めている途中に届かなくなってしまうことも。そんな時は手でお尻や太ももをしっかりと持って固定してあげましょう。女性のデメリットは、男性の顔の上に腰を降ろすことに抵抗感があることや、舐めている時に上半身を腕で支えておかなければならないことです。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP