【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.38
「時雨茶臼」

時雨茶臼において気になる脱毛部分とは?

時雨茶臼は、いくつかある騎乗位に似た体位の中でも女性が最も激しく動くことができる体位の1つ。一般的に騎乗位と聞くとこの体勢を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。まず男性は、仰向けになって寝ころびます。その上から女性がまたがりながら座り、挿入すれば完成です。女性は野球のキャッチャーのように座って脚の裏を床につけることで激しく腰を振ることができます。男性は、手を頭の後ろで組んで女性が動く様を眺めるもよし、女性の足首を掴んでサポートしてあげるのもよしです。体位の名前については、女性が動くことで流れる汗や陰部から流れ出る愛液が時雨のように見えるからついたのではないかとされています。

触れる毛・見られる毛(男性)

触れる毛

どちらかというとお互いに触れる部分が少ないこちらの体位。強いて言えば、女性が腰を下ろす局部や下腹部のあたりが触れることになります。そのため、これらの部分のムダ毛の処理は必須と言えるでしょう。また、男性が膝を立てると、太ももの前側部分が女性の背中に触れることがあるので、太もももきちんと脱毛しておくのがおすすめです。

見られる毛

女性が男性を見下ろして目線に入ってくるのは、男性の顔から首、胸のあたりまで。ですので、ひげや胸毛はきちんと処理して清潔感のある男性だということをしっかりとアピールしましょう。

体位のメリット・デメリット

メリット

男性女性共にMであってもSであっても楽しめるのがこの体位のよいところ。男性は、女性に上に乗られることで支配されているように感じることができる一方で、女性に自分で腰を動かせと命令し、自分はゆっくりとながめることで征服しているようにも感じられます。女性も、男性に腰を動かせと指示されている立場と男性にまたがって支配している立場の両方に立つことができます。

デメリット

お互い、姿勢も楽で刺激も十分、受けることができるため、それほど大きな欠点はありません。機会があればぜひ積極的に試してみたい体位の1つです。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP