【番外編】気づいてほしい、
脱毛四十八手

No.17
「横笛」

横笛において気になる脱毛部分とは?

横笛は、男女がお互い、横になりながら向かい合って行う体位です。具体的には、男女が向かい合った状態で横になり、女性が男性の体に脚を巻き付けながら、ペニスの位置を確認して挿入することになります。女性は男性の首や脇から背中へとまわし、男性も女性の背中を持ちながらお互いが支え合うのがポイントです。ただし、この体位は慣れるまで挿入するのに苦労するケースが多いため、難しい場合は、正常位の体勢からゴロリと横になると簡単に体勢を作ることができます。名前の由来は、お互いが横になっている様が横笛に似ているからだと考えられますが、はっきりとした由来は分かっていません。

触れる毛・見られる毛(男性)

触れる毛

横になった状態でお互いが正面を向いている体位なので、体の前側部分はほぼ全部といってよいほど女性と触れることになります。胸毛や腹毛、太もも、すね毛など特に毛が濃い部分はしっかりケアしておく必要があります。また、女性が男性に手や脚を絡ませてくるため、首の後ろや背中、お尻、太ももの裏側といった部分も女性に触れるため、ほぼ体の全てが触れると言っても過言ではありません。

見られる毛

女性の顔の前には男性の顔があるので、ひげが一番、目に付きやすい体位だと言えます。ですので、ひげの処理は入念に行っておくべきでしょう。また、鼻毛が出ているとすぐにわかってしまい、せっかく盛り上がっているのに鼻毛のせいで女性のテンションが下がってしまうということも考えられます。眉毛や耳毛なども含め、顔のムダ毛処理は徹底して行うようにしましょう。

体位のメリット・デメリット

メリット

お互いが横向きになったまま挿入するので、全身がかなり密着した状態になります。挿入したまま抱き合ったり、会話をしたり、キスをするなどイチャイチャしながら性交渉を行うことが可能。まったりとした性交渉を楽しみたい人におすすめです。特に女性は、肉体的な快楽よりも精神的に満足すると興奮を感じやすいので、女性にはぴったりの体位になります。

デメリット

一番の欠点は、体がしびれてしまう可能性があることです。お互いが向かい合って寝ている上に手や脚を絡ませているので、寝返りを打つことは不可能。そのため、お互い、下敷きになっている手や脚、お尻などがしびれてしまうのです。また、腰を動かしづらい体勢なので、男性が刺激を得ることができずに途中で萎えてしまうことも考えられます。

メンズ脱毛を意識する方は、こんなページもチェックしています!

 
TOP